全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日高山脈「世界的に希少」 環境省が報告会 帯広

日高山脈周辺の自然環境調査結果が示された報告会

 日高山脈周辺の国立公園指定検討に向けた調査報告会が16日、帯広百年記念館で開かれた。主催した環境省北海道地方環境事務所は、プレート衝突で形成された日高山脈は学術的に重要で、原生的な自然環境が残されており、自然公園としての魅力と価値があると説明した。

 日高山脈襟裳国定公園は氷河地形の「カール」があり、北海道を代表する野生動植物が多く生息することなどから、1981年に国定公園に指定。環境省は全国の国立・国定公園を総点検した結果、2010年に同公園を含む日高山脈周辺を、「国立公園の新規指定」または「国定公園の拡張」対象の候補地に選んだ。

 環境省は16年度から3カ年で日高山脈周辺の自然環境や利活用方法などを調査し、19年度以降に国立公園化など具体的な区域指定を検討する。自然環境調査が今年度でほぼ終了したことから、地域住民や関係者に情報提供するため報告会を開催した。

 報告会には約90人が参加した。北海道地方環境事務所国立公園課の柳川智巳課長補佐は、日高山脈はプレート同士の衝突で形成され、マントルが地表に出現した世界的に希少な地形と指摘。ヒダカソウやエゾトウウチソウなど純日本固有種が多く、貴重な昆虫や動物も生息しているとした。

 国立公園化検討に当たっては、「高山帯から森林帯、海域までの連続した保全が望ましい」と述べた。

 続いて、国立アイヌ民族博物館設立準備室の内田祐一調査官(元帯広百年記念館副館長)が「十勝のアイヌ文化から見た日高山脈」と題して講演した。

<日高山脈襟裳国定公園>  帯広市や清水町、広尾町など十勝・日高両管内13市町村にまたがる。総面積は約10万3000ヘクタール。雄大な日高山脈や広尾町から襟裳岬にかけての海岸線、花の名山として知られるアポイ岳などがある。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク