全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

地元産ブドウ 給食で味わう【標津町】

配膳されるぶどうに目を奪われる児童たち

 標津町川北の建設業、上田組(上田修平社長)の「上田組葡萄園」で初めて収穫されたブドウが24日、標津町立川北小学校の児童らの給食として提供された。同社は2017年に2棟のハウスを建てて高級品種「シャインマスカット」などの栽培を開始、2年半で収穫を迎えた。地元の新名物として期待されるブドウに、児童たちは満面の笑みを浮かべながら舌鼓を打っていた。

 同社のブドウ栽培は16年、当時社長だった上田光夫会長が山梨県のブドウ家、樋口哲也氏に品評会に招かれたのがきっかけ。親交を深める中で、地域の新しい名物になればと樋口氏からノウハウを教えてもらう約束を取り付け、町川北で栽培を開始した。

 今年から収穫が可能となり、100房が収穫される見通し。当初は10月9日に初収穫する予定だったが、糖度検査の結果、わずかに足りないと判断、23日に収穫を持ち越していた。上田修平社長の「地元の子供たちに味わってほしい」との意向から、23日の収穫祭に地元の川北小学校5年生14人を招き、同校の給食にも提供することになった。

 24日の給食では、児童が「シャインマスカット」と「クインニーナ」の2種類のブドウを味わい、「甘い」「ほっぺが落ちそう」「毎回給食で出てほしい」と喜び、笑顔が広がった。6年生の榧木惣士朗くん(12)は「甘さが口の中に広がった。機会があったらまた食べたい」と目を輝かせていた。

 同社では今後、22年に1000房の収穫を目標に取り組む。日本最東端のブドウとして、ネーミングとロゴを考案しているという。安定した収穫が見込めるようになれば、販売も検討するとしている。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク