全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

黒森歌舞伎応援プロジェクト

 黒森歌舞伎(県指定無形民俗文化財)のポーランド公演を支援しようと、今春から同歌舞伎にちなんだTシャツなどオリジナルグッズの制作・販売の応援プロジェクトに取り組んでいる酒田市内の有志が23日、グッズ販売の収益金約11万5000円を同歌舞伎関係者に寄付した。

 黒森歌舞伎は同市黒森地区に約280年前から伝わる農民芸能。日本・ポーランド国交樹立100周年を記念し、全国の約170の地芝居を代表して招かれ、継承団体「妻堂連中」(冨樫久一座長)や市の関係者ら41人が来月2―9日に渡航、首都ワルシャワ市など2カ所で計4公演してくる。

 応援プロジェクトは、グラフィックデザイナーの久松理子さん(緑町)が中心になって立ち上げた。趣旨に賛同したシルクスクリーン技術者の佐野圭さん(砂越)の協力で隈(くま)取りの絵柄など同歌舞伎にちなんだTシャツを作り、4月末から黒森日枝神社の例大祭などで販売。さらに「カメラの七桜」(中町二丁目)の北村薫さん、文具販売「書の庵」(亀ケ崎二丁目)の齋藤健太郎さんも、各店舗やクルーズ船寄港時の売店で販売。北村さんはまた、同歌舞伎にちなんだオリジナルのキーホルダーとフォトフレームも作り、販売している。

 23日夕、黒森日枝神社演舞場に久松さん、佐野さん、北村さん、齋藤さんらが訪れ、妻堂連中の五十嵐良弥副座長に、グッズ販売の収益として11万4640円を寄付した。販売品の内訳はTシャツ354枚、キーホルダー57個、フォトフレーム8個。ポーランド公演の経費に充てる。

 久松さんは「黒森歌舞伎を応援したい人たちがこれだけいるということ。応援する仲間ができたことは大きな財産で、この縁を生かし、さらに黒森歌舞伎のファンを増やしたい」、五十嵐副座長は「支援に感謝。ポーランドでは心に残る芝居をして爪痕を残してくる。皆さんとの素晴らしい関係が今後も続き、ファンがさらに増えることに期待」とそれぞれ語った。

 佐野さんの店「FUN☆K」(砂越)、カメラの七桜、書の庵では今後もTシャツなど応援グッズの販売を継続する。Tシャツの価格は1枚2500円(税込み)。問い合わせは黒森コミュニティセンター=電0234(92)2255=へ。黒森歌舞伎応援プロジェクトのサイトからも申し込める(Tシャツ価格は手数料を加え2800円)。

五十嵐副座長(前列中央左)に応援グッズの販売収益を寄付した久松さん(同右)らプロジェクトメンバー

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク