全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

見応えある城を紹介

各地の城を紹介するポスター=豊橋市中央図書館で

 見るもよし、歩くもよし-。豊橋市中央図書館2階で、三遠南信地域の見応えある城を多角度から紹介する「ふるさと城めぐり」が始まった。27城を選出して紹介しており、連日100人を超すファンで賑わっている。3月18日まで。  「ふるさと探訪」と銘打つ資料展の第1弾。昨春、「続日本百名城」が発表され、吉田城(豊橋)や古宮城(新城)、浜松城などが選ばれたこと、「城ブーム」で、天守閣のある城だけでなく山城を訪れる人も増えてきたことから企画した。  美しい景観のポスターで来場者を迎える会場では、戦国の城のつくりを紹介したほか、石垣を見比べたり土塁や堀を見たり、眺望を楽しむなどの城めぐりの醍醐味を紹介。続いて「岡崎城」「長篠城」「掛川城」「高遠城」「吉田城」といった百名城や続百名城、武田氏ゆかりの「伊那大島城」「二俣城」、東三河戦国武将ゆかりの「二連木城」「大崎城」「牧野城」、直虎関連の「井伊谷城」「柿本城」、地域を代表する城として「田原城」「上ノ郷城」「亀山城」「田峯城」などを順にパネルで紹介している。  ほかに、城郭模型や城に関する書籍、取材写真、吉田城址の出土品、各城のチラシやパンフレットなども置かれ、来場者の関心を集める。「展示を機に現地を訪れたり、歴史に興味を持ってもらえたら」と担当者は話す。  17日午後1時半から記念行事「楽しもう 城めぐり」(入場無料、先着150人)として高橋洋充・同市二川宿本陣資料館主任学芸員が「豊橋の城めぐり」、中井均・滋賀県立大学人間学部教授が「私の城めぐり」の題で講演する。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク