全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ビーガン料理世界大会 渡部さん(酒田市出身)準優勝

 ビーガン料理の世界大会「The Vegetarian Chance2019」が13日にイタリアで開催された。 世界各国から約200人の応募があり、1次選考で残った8人による決戦が行われ、酒田市出身の渡部駿さん(28)=羽黒高卒=が準優勝を果たした。渡部さんは「庄内の食文化とイタリア伝統料理をビーガン料理に生かし、料理を医療につなげて社会貢献できる料理人を目指したい」と語っている。

 渡部さんは奥田政行オーナーシェフ(アル・ケッチァーノ、鶴岡市)の下で4年間働いた後に渡伊、星付きビーガンレストラン(ジョイヤ、ミラノ)での修業を経て、現在はイタリアの三つ星レストラン(オステリア・フランチェスカーナ、モデナ)で労働ビザを得て働いている。

 本大会は植物性食材だけで作る料理を競うコンテストで、渡部さんは県産の豆を庄内の「かた餅」の技法で葉の形の豆チップスに仕上げ、秋の紅葉を表現。高野豆腐と大豆で作ったトマト味のソイボールとともに高い評価を受けた。日本では縁起物である鯛の形の「たい焼き」のあんには、鶴岡市大山の酒蔵の酒かすをヘーゼルナッツと合わせクリームチーズ風の新しい味で紹介した。

 渡部さんは初の国際舞台を経験し、「自分の意思や料理に対する思いをイタリア語で素直にスピーチできたことが自信につながった」と話し、今後も語学力を高めシェフの立場に求められる総合力を身に付けるため、引き続きイタリアで研さんを積むという。将来的には精進料理や工夫された調理技術が残る庄内の食文化とイタリア伝統料理をビーガン料理に生かし、医療につなげて病気の改善に役立つ料理を作り、社会に貢献できる料理人を目指す心意気だ。渡部さんは今回の受賞について「関わった全ての人たちのおかげ。1年に及ぶチームのサポート、奥田シェフや支えてくれた同僚と両親へ感謝したい」と語った。

 本大会では熊本出身でトリノの一つ星レストランで働く上田悟さんが優勝。2016年から毎年日本人が参加している本大会で、若手の日本人が1位、2位となったのは初めて。グローバル化する日本、来年には東京オリンピック・パラリンピックも控え、ビーガン料理のニーズが高まっている。2人の挑戦は日本のビーガン料理文化の幕開けを予感させる。

世界的なビーガン料理コンテストで準優勝し賞状を手にする渡部さん

コンテストに出品した渡部さんの料理を解説

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク