全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ふるさとPRフェスタに十勝の西部4町が出展

ふるさとPRフェスタに出店した西十勝の4町のブース

 東京都台東区内で19、20の両日開かれた「第4回ふるさとPRフェスタ」に、西十勝の4町(芽室、清水、新得、鹿追)が合同で出店。乳製品や農産物など、自慢の特産品を販売した。

 十勝町村会(会長・高橋正夫本別町長)と、東京都の特別区長会による交流事業の一環。2020年度から5年間で本格実施する予定で、18年度から台東区と墨田区、町村会が先行して事業に取り組んでいる。

 花川戸公園で行われたイベントには、台風19号の影響で急きょ取りやめた2自治体をのぞく、台東区の姉妹友好都市など19自治体がブースを出店。フルーツやスイーツ、海産物など各地の特産品が並んだ。ステージでは阿波踊りや太鼓など各地域のパフォーマンスも行われた。

 今回初参加となった西十勝4町からは、合わせて40~50品を出品。ジビエの缶詰やジャガイモなどのほか、牛玉メンチカツやいも団子などの飲食ブースも盛況だった。NHKの朝ドラ「なつぞら」人気にちなみ、牛の乳搾り疑似体験コーナーも設けられ、家族連れらに人気だった。

 芽室町から参加し、ゴボウにQRコードを利用したアンケートを貼るなど新たな試みに取り組んだ、西田昌樹企画財政課課長補佐は「来年以降は物を売るだけでなく、それぞれの町に人をつなげるようなプロモーション展開や仕掛けをしていきたい」と話していた。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク