全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊 帯広

集いでは、伝統儀式のカムイノミなどが披露された

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した。

 帯広アイヌ協会が主催。生活文化展は帯広市と同協会、とかちエテケカンパの会、帯広カムイトウウポポ保存会で構成する実行委員会が企画した。昨年の来場者は170人程度だったが、「アニメや漫画などの効果もあって、訪れる人が増えている」(市保健福祉部の今智幸さん)という。

 この日はカムイノミのほか、アイヌの古式舞踊、伝統楽器であるムックリの演奏などが披露され、アイヌ文様の刺しゅうを体験するコーナーにも多くの人が集まった。エテケカンパの会との国際交流で来勝していた台湾の先住民族ブヌン族の青年合唱団もゲスト出演し、歌声を披露した。

 祖母、母親と遊びに来た女子児童(8)=開西小2年=は「歌と踊りがきれいだった」とにっこり。アイヌ文様を作る切り絵に夢中になっていた。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク