全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

人工授精した牛が出産 上農高生が感動の対面

「ほっとしました。元気に育ってね」。上伊那農業高校(南箕輪村)生物科学科動物科学コース3年の市ノ羽和泉さん(18)=伊那市=が人工授精をした実習用繁殖牛2頭が18日、それぞれ子牛を産んだ。自主練習を重ね、昨年暮れに人工授精に挑戦した市ノ羽さん。受胎後も「とにかく無事に…」と祈りながら見守ってきた。「生命の創造」に関わらせてくれた学校や教諭らに感謝し、「牛にもお礼を言いたい」と何度も何度も牛たちの体をなでた。

このうち、5歳になる繁殖牛「かつみ」は18日未明に雌牛を出産したとみられ、朝に牛舎へ立ち寄った同級生から知らせが届いた。自力で立とうとする姿を見ると、市ノ羽さんは「頑張って」。「かわいい」「元気そう」と笑みが絶えなかったが、個体識別の耳標を付ける際には「痛いかな…」と心配顔になった。

もう1頭は午後に雄牛を産んだ。学校の理解を得て出産に立ち会うことができた。

同校では黒毛和種を10頭飼育する。繁殖は資格を持つ教員が担うが、家畜人工授精師の境久雄教諭が意欲と上達ぶりをみて、自らがサポートに入ることで体験の機会を与えた。頚管の見つけ方やつかみ方の訓練を重ね、昨年12月30日、専用の器具を使って精子を雌牛の体内に注入。5月には超音波画像診断装置による妊娠鑑定をした。

雄には「上農和福」、雌には「じょうのう いずみ」と名を付けた。「自分の名は恥ずかしいし、呼びにくい」と抵抗したが、「やっぱ、いずみでしょ」と同級生に押し切られた。「楽しそうに取り組んでいた。苦労とか、努力とか、そういう感覚は彼女にないと思う」と境教諭。「人工授精をして、立派な牛の”お父さん”になってくれた」と賛辞を送った。

雌牛も誕生したことで二重の喜びとなった。雄牛はやがて市場出荷されるが、血統の優れた牛から誕生した雌は繁殖用として牛舎に残る。進学して動物に関わる仕事を目指す市ノ羽さん。「将来に生かせる貴重な経験ができた」と振り返り、「卒業まで牛たちを見守って、写真も動画もいっぱい撮る。卒業しても会いにくる」と目を輝かせた。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク