全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

動物捕獲用「落とし穴」見つかる 与助尾根遺跡の発掘調査

与助尾根遺跡で初めて見つかった落とし穴(手前の半円形の穴)と新たに見つかった住居跡(中央の半円形のくぼみ)

茅野市教育委員会は17日、同市豊平の国特別史跡「与助尾根遺跡」の発掘調査で、動物を落として捕まえる「落とし穴」が4カ所で確認されたと発表した。同遺跡で落とし穴が見つかったのは初めてで、縄文時代中期(約5000年前)の集落として全国的に知られる遺跡だが、集落ができる以前は縄文人の狩り場だったと考えられるという。

調査は保護・保存を目的に、竪穴住居の復元家屋西側にある与助尾根台地斜面の崩落(長さ約30メートル、高さ2~3メートル)に伴い実施。盛り土工事に先立ち5月から調査に入り、昭和20年代に宮坂英弌(ふさかず)が調査、確認した住居跡の再確認作業と、周辺の地形や遺構を畑地だった地表面から約60センチ掘り下げて調べていた。

落とし穴は、8カ所で見つかった穴のうち4カ所で確認した。このうちの一つは楕円形をしており、見た目は長い辺が160センチ、短い辺が85センチで深さは55センチ。落とし穴の特徴である、動物を捕まえるために穴底に立てた棒「逆茂木」の穴も見つかっている。

さらに、落とし穴の長辺の内壁に土を盛り凸状にする「貼壁」も確認。貼壁は穴の上部を狭くすることで穴に落ちた動物の動きを抑える役割があるとされ、ほかに内壁の下部を何らかの道具で削り、上部を凸状にしたような跡のある落とし穴も見つかった。

今回の発掘・確認調査では落とし穴のほか、新たに住居跡1棟が落とし穴の上に重なる形で発掘された。このため落とし穴が作られた時期の後、住居が作られたとみるのが自然といい、周辺に住居(集落)ができる以前は、狩り場になっていたと考察。落とし穴全てが同じ時代に作られたかはっきりしないという。

担当する文化財課の小池岳史さん(52)は「新たな住居跡が発掘されたことで、集落がこれまでより西に広がっていたことが確認された」と話し、落とし穴については「市内では出土例が少なく貴重」としている。

現地説明会は20日午前10時から開く。

関連記事

待ってた!初滑り 新得・サホロスキー場開業 管内で最も早く

 新得町の十勝サホロリゾートスキー場は3日、管内のトップを切り今季の営業を始めた。リフト1基が稼働し、待ちわびたスキーヤーやスノーボーダーが久しぶりの雪の感触を楽しんだ。  オープンしたのは、...

北羽新報社

「バスケの街」で熱戦 初のWリーグ能代大会

 バスケットボール女子・Wリーグの能代大会が2日、能代市総合体育館で開幕した。プレステージ・インターナショナル・アランマーレ(アランマーレ秋田)が静岡県のシャンソン化粧品シャンソンVマジックと対戦し...

サンゴの島を実感! 志戸桶集落で石垣修復体験 喜界島

 鹿児島県喜界島の喜界町志戸桶集落で2日、サンゴの石垣修復体験が行われた。参加者約20人が額の汗をぬぐいながら石垣の修復作業。島の成り立ちとは切り離せないサンゴ礁文化に触れながら、サンゴの島を実...

長野日報社

幽玄の世界、情感豊かに 長野県箕輪町で古田人形芝居公演

 長野県箕輪町上古田で300年近く受け継がれている県選択無形民俗文化財「古田人形芝居」の定期公演(町教育委員会主催)が2日、町文化センターで開かれた。住民有志らでつくる古田人形芝居保存会と箕輪...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク