全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会

 盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54)=豊川市=が17日、豊橋商工会議所で開かれた豊橋ライオンズクラブ(和久豊会長)の例会で盲導犬について話した。  ライオンズクラブは献眼登録促進を活動の一つにしており、同クラブは目の不自由な人に役立つための勉強会として多田野さんらを例会に迎えた。  多田野さんは目の病気を患い、5年ほど前から人の顔、字が見えなくなった。「手触り、においなどのほか、一番は音が頼り。聞いた音を理解し、行動する」。盲導犬「ゼウス」の貸与を受け、生活を共にする中、盲導犬への理解が得られていないと感じ、自ら会を立ち上げ活動している。  盲導犬に関し「訓練を受けても合格するのは10頭のうち3、4頭。人のためになりたい、人が好きという犬。すごく好き、嫌いというものがなく、常に真ん中でいられる犬が盲導犬になります」と説明。東三河では現在、3頭が活躍しているという。  1頭の育成には約500万円かかり、9割が寄付金のため、多田野さんは「ゼウスの次につながる犬を育成するため募金活動をしている」と話した。  盲導犬と出会った際には「急に触らない、声を掛けない。食べ物を与えない。背中にハーネスが付いている時はお仕事中なので、声を掛けないでください」と注意点を紹介し「『今、いいですか』と聞いてくれると、うれしい」と述べた。  多田野さんは「ゼウスのおかげで真っすぐ歩けるようになった。少しでも多くの人が手を差し伸べてくれたら」と協力を呼び掛けた。

関連記事

荘内日報社

平田牧場×幸楽苑

 全国でラーメン店を展開する「幸楽苑ホールディングス」(福島県郡山市、新井田昇社長)は、「平田牧場」(酒田市、新田嘉七社長)と新商品「Wチャーシューめん」を共同企画し21日、幸楽苑全492店舗で販売を開...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 対象施設増やす

 南紀白浜エアポートとNECは、和歌山県白浜町内で展開している顔認証システムの実証実験の対象施設を6カ所増やし12カ所にした。バスチケットの購入や観光施設に入場する際などにも利用できるようになり...

プラネタリウム新番組 太陽や星の動き…子どもにも多くの発見 陸別

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)で、11月からプラネタリウムの新番組「星空を見上げよう」を上映している。  小学4年生のセイヤとルナが博士と会話をしながら楽しく学べる...

宇部日報社

設立55年の節目祝う 西岐波みかん生産組合が式典【宇部】

 西岐波みかん生産組合(上田博昭組合長、21人)の設立55周年記念式典が21日、宇部市西岐波のミカン畑で開かれ、組合員、来賓ら19人が出席し、節目を祝った。  同組合は1963年に発足。現在は2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク