全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。

枝豆の大規模栽培や販売戦略などについて考えた

 日本一の枝豆産地化を目指し、今年5月に県と関係機関が立ち上げた山形枝豆日本一産地化推進協議会が主催。庄内地方をはじめ県内各地の生産者ら約100人が参加した。新潟県十日町市の苗場高原生産組合の柳恵一組合長が「高性能コンバインの導入によるえだまめの大規模栽培と販売戦略」と題し講演。敏腕バイヤーでSONOKO愛の野菜伝道師の小堀夏佳さんが国内産地の優良事例と山形県産枝豆への期待について、県園芸農業推進課野菜花き振興専門員の古野伸典さんが光センサーを活用した枝豆の「食味向上プログラム」の実践について、それぞれ話題提供した。

 苗場高原生産組合は現在、葉タバコなどの廃作地を借り上げ約64㌶で茶豆品種を栽培。セブン&iホールディングス系列へ7月中旬から9月末まで契約出荷している。柳組合長は乗用収穫機の高性能コンバインやガオチャオエンジニアリング(鶴岡市)の精選別機などを導入し、土づくりから出荷まで機械化一貫体系による経営を行っていると説明。高性能コンバインについて、「収穫後に洗浄冷却し、予冷するまで1時間ほどしかかからず良食味を保持できる」、「大雨でなければ収穫作業ができ、出荷に穴をあけることが少ない」などのメリットを紹介した。品質維持や販売戦略について「収穫から短時間での冷水冷却、予冷を徹底している。お客さんにおいしさを知ってもらうため、試食にも力を入れている」と語った。

 県内の枝豆生産額は千葉県、群馬県に次ぐ全国3位。同協議会は庄内の「だだちゃ豆」、村山の「ハッピー枝豆」、置賜の「上杉まめ」を山形枝豆として、3カ年計画で生産から流通・販売までのブランド力強化を図り、日本一の品質と生産量の産地化に取り組んでいる。

関連記事

荘内日報社

平田牧場×幸楽苑

 全国でラーメン店を展開する「幸楽苑ホールディングス」(福島県郡山市、新井田昇社長)は、「平田牧場」(酒田市、新田嘉七社長)と新商品「Wチャーシューめん」を共同企画し21日、幸楽苑全492店舗で販売を開...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 対象施設増やす

 南紀白浜エアポートとNECは、和歌山県白浜町内で展開している顔認証システムの実証実験の対象施設を6カ所増やし12カ所にした。バスチケットの購入や観光施設に入場する際などにも利用できるようになり...

プラネタリウム新番組 太陽や星の動き…子どもにも多くの発見 陸別

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)で、11月からプラネタリウムの新番組「星空を見上げよう」を上映している。  小学4年生のセイヤとルナが博士と会話をしながら楽しく学べる...

宇部日報社

設立55年の節目祝う 西岐波みかん生産組合が式典【宇部】

 西岐波みかん生産組合(上田博昭組合長、21人)の設立55周年記念式典が21日、宇部市西岐波のミカン畑で開かれ、組合員、来賓ら19人が出席し、節目を祝った。  同組合は1963年に発足。現在は2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク