全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

突風探知のドップラーレーダー

 JR東日本(本社・東京都)は、2017年12月から突風を探知し運転規制に運用している酒田市黒森の「ドップラーレーダー」について、11月1日から観測と運転規制の範囲をこれまでの半径約30㌔から同約60㌔に拡大する。

ドップラーレーダーを使った現在の規制範囲と拡大後の範囲=JRの広報資料より

 庄内地方では05年12月、庄内町榎木のJR羽越本線で特急いなほ14号が突風にあおられて転覆・脱線し、乗客5人が死亡、乗客・乗員33人がけがをする事故が発生した。ドップラーレーダーはその対策として気象庁気象研究所と共同で研究を始め、当初は07年1月に同町の余目駅に観測範囲が半径約30㌔のものを設置。16年11月にはこれに代え、同約60㌔のものを黒森に設置し、17年12月から半径約30㌔で列車運転規制に運用を始めた。今回は、観測の評価結果を踏まえ、観測・規制の範囲をレーダーの能力いっぱいに拡大する。  運転規制の範囲は、羽越本線はこれまでの五十川(鶴岡市)―女鹿(遊佐町)間から「今川(新潟県村上市)―西目(秋田県由利本荘市)間」に拡大される。陸羽西線についてはこれまで通り、「余目(庄内町)―清川(同)間」と変更はない。「清川以東の最上川峡谷は気象が複雑で、現段階ではドップラーレーダーによる観測が難しいため」(JR東日本広報部報道グループ)という。

酒田市黒森に設置されているドップラーレーダー

 同社によると、黒森のドップラーレーダーの運用を開始した17年12月以降、同レーダーを用いた運転規制は、17年度は53回(16日)、18年度は21回(14日)あった。計74回の規制のうち46回(約62%)で実際に突風が発生しており、「かなりの精度で予測できている」(同)とみている。

 同社では現在、このシステムを他地域にも導入することを検討しているほか、AI(人工知能)を使った突風探知技術の開発に取り組んでいる。他地域としては、他の日本海沿岸や首都圏などを想定しているが、突風が発生しやすいのは日本海沿岸は冬季、首都圏は夏季など特性が異なるため、単に同じものを設置すればよいものではないという。また、AIについては、過去の観測データを学習させ、突風をもたらす「風の渦」を判別する精度を高めることを目指しているという。

 同社報道グループでは「安全第一であり、今回の観測・規制の範囲拡大は規制の頻度が減ることには直結しない。しかし今後、精度がより高まることで、不要な規制が減っていく可能性はある」としている。

 ドップラーレーダーは、上空に音波を発し、水蒸気などに反射して返ってくる音波を分析し、風を観測するもの。JRと気象研究所ではこれを使い、近づく風と遠ざかる風のペアを「風の渦」として捉え、突風(藤田スケールで毎秒33―49㍍のF1以上)をもたらす可能性のある渦を探知し、その強さや移動速度、渦がもたらす最大風速・予測進路などを算出する技術を確立した。                  

関連記事

荘内日報社

平田牧場×幸楽苑

 全国でラーメン店を展開する「幸楽苑ホールディングス」(福島県郡山市、新井田昇社長)は、「平田牧場」(酒田市、新田嘉七社長)と新商品「Wチャーシューめん」を共同企画し21日、幸楽苑全492店舗で販売を開...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 対象施設増やす

 南紀白浜エアポートとNECは、和歌山県白浜町内で展開している顔認証システムの実証実験の対象施設を6カ所増やし12カ所にした。バスチケットの購入や観光施設に入場する際などにも利用できるようになり...

プラネタリウム新番組 太陽や星の動き…子どもにも多くの発見 陸別

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)で、11月からプラネタリウムの新番組「星空を見上げよう」を上映している。  小学4年生のセイヤとルナが博士と会話をしながら楽しく学べる...

宇部日報社

設立55年の節目祝う 西岐波みかん生産組合が式典【宇部】

 西岐波みかん生産組合(上田博昭組合長、21人)の設立55周年記念式典が21日、宇部市西岐波のミカン畑で開かれ、組合員、来賓ら19人が出席し、節目を祝った。  同組合は1963年に発足。現在は2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク