全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

新型遊覧船「スターマイン号」 諏訪湖に着水

諏訪湖に着水する新型遊覧船の「スターマイン号」

 東洋観光事業(茅野市)は15日、運営する諏訪湖観光汽船(諏訪市)が諏訪湖で運航する新型遊覧船「スターマイン号」の進水式を諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーで行った。約20トンの船体が大型クレーンでヨットハーバー横の島崎川に静かに下ろされ、諏訪湖に着水。見物に訪れた約100人の市民から大きな歓声が湧き起った。

 新型遊覧船は全長29.12メートル、幅7メートル、高さ7メートル。2階建てで、2階はオープンデッキになっている。定員は200人。諏訪湖観光汽船が運航する遊覧船「竜宮丸」の老朽化に伴い、約40年ぶりに新造した。佐賀県唐津市の造船所で8割方造られた船体を分割して諏訪湖に運び、ヨットハーバーの仮ドッグで組み立てていた。

 進水式前には関係者らが着水前の船上で運航中の安全を祈願。着水後は船上から餅まきも行われた。今後はしばらく島崎川にとどまり、内装や電気設備工事などを行う。自走できるようになってから、ヨットハーバー内に移動し、試運転などを経て、来年3月の本格運航を目指す。12月1日には竜宮丸のお別れセレモニーも計画している。

 東洋観光事業の小林史成社長は「台風を心配したが、やっとこの日を迎えられた。花火や諏訪の景色を楽しむのには新型船は絶好の形。遊覧観光だけでなく、パーティーやブライダル、コンサートなどに活用し、諏訪湖の観光を活性化させたい」と話した。

 進水式を見に友人と訪れた市内の60歳代の女性は「諏訪湖に新しい名物ができた。竜宮丸は愛嬌があったが、新型船は格好いい。本格運航の際は1番に乗ってみたい」と笑顔を見せた。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク