全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝おはぎ 桜の活力に ラグビー日本代表に好評

ラグビー日本代表の活力となっている「十勝おはぎ」

 ラグビーワールドカップ(W杯)で躍進する日本代表。大会前は十勝産小豆のおはぎが差し入れされ、チームに好評。大会中は試合前の食事「マッチミール」におはぎが採用され、選手の活力になっている。

 W杯に向けて宮崎市で7月に行われた合宿に、俳優の舘ひろしさんが「十勝おはぎ」を500個差し入れた。FW姫野和樹選手が同郷で元ラグビー部の舘さんに、石原軍団御用達の「十勝おはぎ」をリクエストしたのがきっかけだった。

 製造するサザエ食品(兵庫)によると、つぶあんときな粉がセットの商品。おはぎが好物という舘さんをはじめ、石原軍団が差し入れやお土産の定番としていて、選手たちにも歓迎された。

 おはぎは、W杯期間中も「マッチミール」として宿舎のホテルで出されている。栄養士の判断で、エネルギー源となり腹持ちするおはぎをメニューの一つに入れた。日本ラグビーフットボール協会は「選手たちには好評。おはぎが活力、パワーの一つになっているのでは」とする。

 1次リーグ3連勝の日本代表は13日、スコットランドと対戦する。「十勝おはぎは『勝』の字が入っているので縁起がいい」と同協会。初のW杯ベスト8進出に向け、勝利を重ねられるか。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク