全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

観光客の徴収率1割強 入域料導入から1カ月

 竹富島で地域自然資産法に基づき9月1日から始まった入域料(入島料)の収受。券売機を石垣島と竹富島の両ターミナルに設置後、1カ月が経過した。任意による1人300円の協力金。徴収率は入域観光客数全体の約12%にとどまっており、徴収業務や保全活動を担う一般財団法人竹富島地域自然資産財団(上勢頭篤理事長)が、入域料制度の認知度向上や周知方法の改善に試行錯誤を重ねている。(屋比久賢太記者)

   厳しい現実

 9月1日から10月2日にかけての納入者は3476人。ことし1~8月の竹富島入域観光客数を平均すると1日約1100~1500人。財団によると1日平均の納入者は120人ほど。事業主体の竹富町は当初、40%の徴収を目指していたが、現実は1割強と厳しい。
 協力した観光客の3分の2が竹富東港での納入。同港では定期的にアナウンスで呼び掛けている。チケットを購入した女性(52)は「館内アナウンスで気がついた。島の景観や自然を守るため来島者全員が協力すべきだと思う」と話した。
 一方、ユーグレナ石垣港離島ターミナルで乗船待ちをする観光客からは「券売機の場所が分かりづらい」「料金は船賃に含まれていると思っていた」などの声が上がる。

   周知に工夫  

 厳しい現状にも上勢頭理事長は悲観していない。「たとえ1割でも協力してくれる方々に感謝したい。島の事を思ってくれる気持ちを増やしていきたい」と前向きだ。
 財団職員の属慎也さんは、島民がボランティアで行う環境保全活動の限界を訴え、「観光客の増加に道路整備やごみ処理、清掃活動は追いつかない。島を守るため協力金がなぜ必要なのか、理解を広めたい」と強調する。
 課題の周知方法については、ホームページやチラシの外国語対応を進めている。近年、島には環境保全に意識の高い欧米人観光客も増えており、欧米層への情報発信も急務だ。
 日本人観光客には、券売機の存在を知らせるため、券売機から音声を流すシステム変更準備に取り掛かっている。
 竹富島のように、国内各地でも協力金を環境保全へ役立てる自治体があり、富士山の入山料を任意で徴収する静岡県によると、徴収率は2014年度40%に対し今年度は67%と上昇傾向にある。
 担当者は「制度が知れわたって増えたのでは」と推測。コンビニでの支払いサービスやインターネットを活用した各方面への周知活動の展開などを紹介し、「一番は旅行会社を介して利用者に説明してもらえれば効果的」とアドバイスした。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク