全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

押し土器総選挙1位は「装飾絵画文深鉢形土器」

1位に選ばれた「飾絵画文深鉢形土器」の写真を手にする職員

茅野市図書館は、県宝指定の縄文土器47点の「押しメン」ならぬ“押し土器”を決める「総選挙」の結果を発表し、同市玉川の下ノ原遺跡から出土した「装飾絵画文深鉢形土器」が11票を獲得し、1位に輝いた。同館正面入り口に同土器の写真を展示して、祝福している。

装飾絵画文深鉢形土器は、縄文時代中期(約3000年前)ごろの土器。高さ30・5センチで縁部に大小複数の輪っかが取り付いてあるほか、胴部には複雑な文様が全面に施されている。同館は1位になった理由を「見た目が豪華で、人目に付きやすかったのではないか」と話している。

総選挙は、某アイドルグループの人気投票にならって、昨年県宝に指定された同市尖石縄文考古館所有の縄文土器を多くの人に知ってもらおうと、9月14~29日に同館で実施。子どもからお年寄りまで多くの利用者が投票した。

総投票数は74票(うち無効1票)で、土器47点のうち30点に投票があった。上位には「蛇体把手付深鉢形土器」や「香炉形土器」など形や装飾が特徴的な土器が多かった。同館は11月24日まで47点の写真を同館に展示し、市内の縄文遺跡の資料など関連書籍も紹介している。

関連記事

昼間の「おばけ」楽しむ

 こども未来館「ここにこ」(豊橋市松葉町3)で、「ひるまのおばけ広場」が開かれている。親子連れで各回満員となるほどの盛況だ。  2年前から館内の展示室を使って、おばけ屋敷を開いてきたが、新型...

長野日報社

辰野西小考案「真ん・中夫(まん・なかお)」 ゆるキャラGPに挑戦

辰野町辰野西小学校の4年生66人が、オリジナルキャラクター「真ん・中夫(まん・なかお)」を活用して、日本の地理的中心に位置する町の魅力発信プロジェクトに取り組んでいる。2018年度の卒業生が考...

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク