全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

チューリップ園再生へ

 鶴岡市千安京田の旧いこいの村庄内の閉館後に放置状態だったチューリップ園の一部が、同市内の住民組織や観光などの関係団体の連携で、来春に再生されることになった。12日(土)に除草や畝立てなどの作業を行い、来春の開花に向け11月9日(土)にボランティアを募るなどして球根約2万8000球を定植する。

 旧いこいの村庄内は、2016年10月に閉館した。敷地内にあったチューリップ園には、県内最大規模とされた約10万球のチューリップが植え付けられ、見頃となる4月下旬からゴールデンウイークにかけ、家族連れなど県内外から毎年数万人の行楽客が訪れ、庄内の春を代表する観光スポットの一つとなっていた。

 建物、敷地は県が所有。閉館後、地元有志やNPO法人おうらの里おおやま再生プロジェクトチューリップ球援隊などが17年から、球根の掘り起こしなどの保全活動を行い、県を通じて庄内や内陸の保育園や小学校、自治会などへ球根を配布した。

 そうした中、鶴岡市は「市立農業経営者育成学校」の来年4月の開校に向け、県から旧いこいの村庄内の建物と敷地約10・6ヘクタールを今年3月に取得。併せて市内の関係団体との間で8月以降、意見交換会を開くなどし、取得した土地利用を検討。チューリップ園の再興を求める意見が多く、同校の開校に合わせ一部にチューリップ畑を設置することにした。

 計画では、球根の保全活動を行っていた同球援隊を実施主体に、市が市民と協働で市有施設を整備する「市民まちづくり活動促進事業」のパートナーコースを活用し、新たに2万3000球の球根を購入。保管されている球根と合わせて3万球近くを約3300平方メートルの畑に定植する。

 旧いこいの村庄内のチューリップ園の3分の1ほどの球根数ではあるものの、赤や白、黄色、ピンクなどのチューリップが来春には咲きそろい、再び子ども連れやカップルなど観賞に訪れる人々でにぎわいそうだ。

 来春以降の球根の手入れなどチューリップ畑の維持管理に向けては、本年度内に関係者による新たな組織づくりが検討されている。

16年10月の閉館後、放置状態となっている旧いこいの村庄内のチューリップ園=今年9月18日

関連記事

釧路新聞社

水草、エゾシカ餌に活用【阿寒湖】

   国の特別天然記念物マリモの保護組織「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は今年度、マリモ群生地保全のため刈り取っている阿寒湖の水草を活用した新たなプロジェクトに取り組む。前田一歩園...

鳩間小中学校 カヌーで島を一周 児童生徒ら海洋学習楽しむ

 竹富町立鳩間小中学校(片平雅明校長、児童1人・生徒5人)は5月29日、竹富町教育委員会が推進している事業「竹富町海洋教育」の一環として、カヌーによる鳩間島一周(約3・8㌔)を全児童生徒と学校職...

長野日報社

移住促進にママ目線 伊那市の5人、ガイドブック作成中

 伊那市内で子育て中の母親5人が、市の魅力を発信する移住ガイドブックの作成に取り組んでいる。市から依頼を受け、IターンやUターンの経験を生かしながら”ママ目線”で製作。豊かな自然や暮らしやすさを...

街路樹に優雅なコチョウラン 奄美市名瀬大熊町

 鹿児島県奄美市名瀬大熊町の街路樹に着生させた200本のコチョウランが、優雅な白い花を咲かせている。大熊町内会の重田茂之会長(71)は「多くの方々にきれいな花を見て楽しんでほしい」と話している。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク