全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ラグビー日本代表にビクトリーポテト 音更の小森さん寄贈

「選手のパワーに」と、ラグビーW杯の日本代表に贈ったメークインと小森さん

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会が、日本代表の快進撃で盛り上がる中、音更町東音更、農業小森孝一さん(45)は、収穫したメークインの中から見つけたV字形のジャガイモ「ビクトリーポテト」を日本代表に贈った。

 日本代表の試合のテレビ観戦を通じて、「ルールは分からなくてもラグビーの熱さは分かる」と関心を持つようになり、きれいにV字形を描くメークインが見つかったことを知った知人からプレゼントを提案された。「どこの誰かも分からない人間から贈られても、困るはず」と知人を通して北海道ラグビーフットボール協会十勝支部の増谷和夫支部長に相談。増谷支部長が日本ラグビーフットボール協会の事務局に連絡を入れ、V字形ポテトと普通のメークイン20キロを同事務局に送付し、7日に増谷支部長の元に同事務局から届いたとの連絡があった。

 13日に日本代表はベスト8進出に向けた大一番、スコットランド戦を迎える。小森さんは「十勝のイモが選手のパワーになってくれれば」と話す。増谷支部長も「ラグビーに関心の無かった人も、W杯で盛り上がってくれるのはうれしい」と十勝でのラグビー熱の高まりに期待していた。

関連記事

釧路新聞社

水草、エゾシカ餌に活用【阿寒湖】

   国の特別天然記念物マリモの保護組織「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は今年度、マリモ群生地保全のため刈り取っている阿寒湖の水草を活用した新たなプロジェクトに取り組む。前田一歩園...

鳩間小中学校 カヌーで島を一周 児童生徒ら海洋学習楽しむ

 竹富町立鳩間小中学校(片平雅明校長、児童1人・生徒5人)は5月29日、竹富町教育委員会が推進している事業「竹富町海洋教育」の一環として、カヌーによる鳩間島一周(約3・8㌔)を全児童生徒と学校職...

長野日報社

移住促進にママ目線 伊那市の5人、ガイドブック作成中

 伊那市内で子育て中の母親5人が、市の魅力を発信する移住ガイドブックの作成に取り組んでいる。市から依頼を受け、IターンやUターンの経験を生かしながら”ママ目線”で製作。豊かな自然や暮らしやすさを...

街路樹に優雅なコチョウラン 奄美市名瀬大熊町

 鹿児島県奄美市名瀬大熊町の街路樹に着生させた200本のコチョウランが、優雅な白い花を咲かせている。大熊町内会の重田茂之会長(71)は「多くの方々にきれいな花を見て楽しんでほしい」と話している。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク