全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

第70回まりも祭り開幕【釧路】

「チカップウポポ」などこの日だけの特別プログラムが観客を魅了した記念公演

国の特別天然記念物マリモの生息環境保全を目的に8日開幕した第70回まりも祭りは2日目の9日、70回記念公演が釧路市阿寒湖温泉の阿寒湖アイヌシアターイコロで開かれた。

訪れた多くの観光客らが、全国のアイヌ民族のサブリーダーと地元アイヌ民族合わせて約40人による古式舞踊の競演を楽しんだ。

 記念公演は文化庁の補助を受け、阿寒湖温泉アイヌ文化推進実行委員会が主催して行った。まず地元の阿寒アイヌ工芸協同組合のメンバーが、古式舞踊の現在として「座り歌」から踊り「ウタレオプンパレワ」、トンコリとムックリの演奏などを披露した。

 次に、来年の東京五輪・パラリンピックで古式舞踊を見せたいとして活動する各地のサブリーダーたちが「タプカラ」「タクサの踊り」などを演じた後、十勝、旭川、千歳の歌を紹介する「ウコウクウポポ」、阿寒、平取、旭川の踊りを合わせた「チカップウポポ」を披露。阿寒とサブリーダーの女性たちによる「フッタレチュイ(黒髪の踊り)」で締めくくった。

 第3部では、イコロで行われている新プログラム「ロストカムイ」でオオカミ役として踊っているプロダンサー3人がサブライズゲストとして登場し、コンテンポラリーダンスを披露。70回を記念し、これまで祭りに参加して貢献した各地のアイヌ協会やアイヌ文化保存会に感謝状が贈呈された。

 実行委メンバーでNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構の山浦祥治副理事長は、全国に持ち去られたマリモの返還を呼 び掛けるために始まった「まりも祭り」が70回を迎えたことにお礼を述べながら、「マリモを育んでくれる自然への感謝を全世界に発信したい」とあいさつした。

 最終日の10日は午前10時30分から、阿寒湖アイヌコタンから湖岸園地までアイヌ民族が行進する「まりも行列」のほか、同園地でマリモを湖に送る儀式が行われる。

関連記事

釧路新聞社

水草、エゾシカ餌に活用【阿寒湖】

   国の特別天然記念物マリモの保護組織「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は今年度、マリモ群生地保全のため刈り取っている阿寒湖の水草を活用した新たなプロジェクトに取り組む。前田一歩園...

鳩間小中学校 カヌーで島を一周 児童生徒ら海洋学習楽しむ

 竹富町立鳩間小中学校(片平雅明校長、児童1人・生徒5人)は5月29日、竹富町教育委員会が推進している事業「竹富町海洋教育」の一環として、カヌーによる鳩間島一周(約3・8㌔)を全児童生徒と学校職...

長野日報社

移住促進にママ目線 伊那市の5人、ガイドブック作成中

 伊那市内で子育て中の母親5人が、市の魅力を発信する移住ガイドブックの作成に取り組んでいる。市から依頼を受け、IターンやUターンの経験を生かしながら”ママ目線”で製作。豊かな自然や暮らしやすさを...

街路樹に優雅なコチョウラン 奄美市名瀬大熊町

 鹿児島県奄美市名瀬大熊町の街路樹に着生させた200本のコチョウランが、優雅な白い花を咲かせている。大熊町内会の重田茂之会長(71)は「多くの方々にきれいな花を見て楽しんでほしい」と話している。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク