全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ランナー過去最多に 制限時間緩和効果か フードバレーマラソン 帯広

 27日に帯広市内で開かれる「2019フードバレーとかちマラソン」のエントリー数は、過去最多の5930人(前年比802人増)となった。昨年は初開催から7年目で初めて参加者が減少に転じたが、コースや制限時間の変更により再び増加した。これまで最も多かった17年の5614人を約300人上回った。

 7日に帯広市役所で開かれた第4回実行委員会(火ノ川好信委員長)で報告された。

 部門別のエントリー数はハーフ3487人(前年比651人増)、2.5キロ1025人(同67人増)、ファミリー304組608人(同36組増)。5キロ部門は810人で17年(926人)より少なかったが、前年を12人上回った。地域別のエントリー件数は十勝管内3350、十勝を除く道内2069、道外207。

 ハーフは昨年まで2時間30分の制限時間だったが、今年から3時間に。実行委は「これまで5キロでエントリーしていた人の中で、制限時間が延びたことで『ハーフに挑戦しよう』という人が増えたとみられる」とする。

 また、道外からのエントリー数は前年の120人から倍近くに増えており、火ノ川実行委員長は「今年はNHKの『なつぞら』やISTのロケットなど十勝に対する期待感が高まっている。食を筆頭にして、十勝のファンになってもらえるよう、おもてなしをしたい」と話している。

関連記事

アプリ使い曲作りに挑戦

豊橋で小中学生  「目指せ!令和の古関裕而」と題した子ども向け作曲体験会が8日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。NHK連続テレビ小説「エール」にちなんで市が企画。子どもたちは音楽...

長野日報社

コロナ禍の撮影支援を JFCが総会シンポ

フィルムコミッション(FC)に取り組む全国の自治体や観光協会などで組織するジャパン・フィルムコミッション(JFC)は7日、諏訪市の旧東洋バルヴ諏訪工場跡地でJFC総会シンポジウムを開いた。自治...

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

昼間の「おばけ」楽しむ

 こども未来館「ここにこ」(豊橋市松葉町3)で、「ひるまのおばけ広場」が開かれている。親子連れで各回満員となるほどの盛況だ。  2年前から館内の展示室を使って、おばけ屋敷を開いてきたが、新型...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク