全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ランナー過去最多に 制限時間緩和効果か フードバレーマラソン 帯広

 27日に帯広市内で開かれる「2019フードバレーとかちマラソン」のエントリー数は、過去最多の5930人(前年比802人増)となった。昨年は初開催から7年目で初めて参加者が減少に転じたが、コースや制限時間の変更により再び増加した。これまで最も多かった17年の5614人を約300人上回った。

 7日に帯広市役所で開かれた第4回実行委員会(火ノ川好信委員長)で報告された。

 部門別のエントリー数はハーフ3487人(前年比651人増)、2.5キロ1025人(同67人増)、ファミリー304組608人(同36組増)。5キロ部門は810人で17年(926人)より少なかったが、前年を12人上回った。地域別のエントリー件数は十勝管内3350、十勝を除く道内2069、道外207。

 ハーフは昨年まで2時間30分の制限時間だったが、今年から3時間に。実行委は「これまで5キロでエントリーしていた人の中で、制限時間が延びたことで『ハーフに挑戦しよう』という人が増えたとみられる」とする。

 また、道外からのエントリー数は前年の120人から倍近くに増えており、火ノ川実行委員長は「今年はNHKの『なつぞら』やISTのロケットなど十勝に対する期待感が高まっている。食を筆頭にして、十勝のファンになってもらえるよう、おもてなしをしたい」と話している。

関連記事

長野日報社

全国各地の愛好団体集結 長野県駒ケ根市で初の「河童サミット」

「みんなに会いたカッパ(かった)よー」。全国各地のカッパ愛好団体が集う交流会「河童サミットinKOMAGANE」(河童連邦共和国主催)が9日、長野県駒ケ根市で開かれ、同市の団体「駒ケ根天竜かっ...

長野日報社

ほたる祭りが開幕 歩行者天国埋め尽くす 長野県辰野町

 伊那谷に夏の訪れを告げる長野県辰野町の「第76回信州辰野ほたる祭り」(同実行委員会主催)が8日、開幕した。期間は16日までの9日間で、5年ぶりに町民総踊りが行われるなどコロナ禍前の祭りが完全復活...

長野日報社

映画「怪物」公開1周年 是枝監督ら振り返る 長野県諏訪市などでトークイベ..

 カンヌ国際映画祭脚本賞受賞作で諏訪地域をメインロケ地とした映画「怪物」の公開1周年を記念して、長野県諏訪地方観光連盟の諏訪圏フィルムコミッション(FC)は8日、是枝裕和監督らを招いたトークイ...

野外音楽フェスへ 高校生がCF開始 帯広

 学生団体「とかち高校軽音楽振興会・トカチューン」(石川裕大代表)は4日、8月に帯広市緑ケ丘公園で予定している野外音楽フェスに向け、開催費用の一部を募るクラウドファンディングhttps://campfirejp/proj...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク