全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

国際サロンで初入選 宮良秀春さんの「丙午」 ドローイング部門

宮良さんの作品「丙午」。太陽と馬を炎で表現している(宮良秀春さん提供)

 「第33回パリ国際サロン」(主催・欧州美術クラブ)のドローイング部門で石垣市の宮良秀春さん(42)=新川=の作品「丙午(ひのえうま)」が初入選を果たした。宮良さんは「今までとは違う自信をいただいた。やってよかった」と喜んだ。

 同サロンはフランス画壇で活躍する邦人作家の育成を目的に1985年に始まったパリ唯一の邦人主催サロン。

 宮良さんの絵画歴は2年4カ月。国際的な審査への挑戦を決意し、4月に作品を完成させた。描くのにかかった時間は1日。9月上旬に作品を提出し、9月27日付で選考通知が届いた。

 作品「丙午」は、太陽を表す「丙」と、火を示す「馬」を表現。作風は、筆ペンと墨、色えんぴつなどを使うミクストメディアの手法。初めから馬を描くわけではなく、最初は自由に書き、「途中で干支を描いていることに気がついた」という。絵のサイズは縦72㌢横51㌢。

 宮良さんは「専門的な技術があるわけではないので、国際的に通用するのか分からなかったが、結果的によかった」と安堵した。

 ドローイング・版画コンクール部門には104人から152点の応募があり、36人51点が入選。来年2月に最終審査が行われ、入選作品はフランス、パリのギャラリー・デュ・マレなどで展示される。

関連記事

釧路新聞社

水草、エゾシカ餌に活用【阿寒湖】

   国の特別天然記念物マリモの保護組織「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は今年度、マリモ群生地保全のため刈り取っている阿寒湖の水草を活用した新たなプロジェクトに取り組む。前田一歩園...

鳩間小中学校 カヌーで島を一周 児童生徒ら海洋学習楽しむ

 竹富町立鳩間小中学校(片平雅明校長、児童1人・生徒5人)は5月29日、竹富町教育委員会が推進している事業「竹富町海洋教育」の一環として、カヌーによる鳩間島一周(約3・8㌔)を全児童生徒と学校職...

長野日報社

移住促進にママ目線 伊那市の5人、ガイドブック作成中

 伊那市内で子育て中の母親5人が、市の魅力を発信する移住ガイドブックの作成に取り組んでいる。市から依頼を受け、IターンやUターンの経験を生かしながら”ママ目線”で製作。豊かな自然や暮らしやすさを...

街路樹に優雅なコチョウラン 奄美市名瀬大熊町

 鹿児島県奄美市名瀬大熊町の街路樹に着生させた200本のコチョウランが、優雅な白い花を咲かせている。大熊町内会の重田茂之会長(71)は「多くの方々にきれいな花を見て楽しんでほしい」と話している。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク