全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

国際サロンで初入選 宮良秀春さんの「丙午」 ドローイング部門

宮良さんの作品「丙午」。太陽と馬を炎で表現している(宮良秀春さん提供)

 「第33回パリ国際サロン」(主催・欧州美術クラブ)のドローイング部門で石垣市の宮良秀春さん(42)=新川=の作品「丙午(ひのえうま)」が初入選を果たした。宮良さんは「今までとは違う自信をいただいた。やってよかった」と喜んだ。

 同サロンはフランス画壇で活躍する邦人作家の育成を目的に1985年に始まったパリ唯一の邦人主催サロン。

 宮良さんの絵画歴は2年4カ月。国際的な審査への挑戦を決意し、4月に作品を完成させた。描くのにかかった時間は1日。9月上旬に作品を提出し、9月27日付で選考通知が届いた。

 作品「丙午」は、太陽を表す「丙」と、火を示す「馬」を表現。作風は、筆ペンと墨、色えんぴつなどを使うミクストメディアの手法。初めから馬を描くわけではなく、最初は自由に書き、「途中で干支を描いていることに気がついた」という。絵のサイズは縦72㌢横51㌢。

 宮良さんは「専門的な技術があるわけではないので、国際的に通用するのか分からなかったが、結果的によかった」と安堵した。

 ドローイング・版画コンクール部門には104人から152点の応募があり、36人51点が入選。来年2月に最終審査が行われ、入選作品はフランス、パリのギャラリー・デュ・マレなどで展示される。

関連記事

釧路新聞社

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

キガシラセキレイ飛来 国内では珍しい旅鳥

 国内では珍しいキガシラセキレイ1羽が18日、石垣市内の田んぼで観察された。  キガシラセキレイは、体長165~20㌢の野鳥で、シベリア西部やロシア南西部、イラン東部からモンゴルなどにかけて繁殖し...

長野日報社

色づく白樺湖一帯の木々 紅葉始まる

 茅野市郊外の白樺湖一帯で紅葉が始まった。市街地から延びる大門街道沿いの木々も、標高が上がるにつれてオレンジ、黄、赤が増え、観光客やドライバーの目を楽しませている。  白樺湖観光センター(両...

陛下ご即位記念植樹

 豊橋建国記念の日奉祝運営委員会(天野明彦・代表運営委員)は22日、天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせ、豊橋公園で記念植樹を行った。  1965年設立の同会は、これまでも5年ごとに陛下在位を記念...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク