全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

丹精込めた野菜買って 障害者が栽培

収穫した野菜を手にするチームひなたの岡本和宜さん(中央)と第二のぞみ園の職員、利用者=田辺市上芳養で

 和歌山県田辺市上芳養の障害者支援施設「第二のぞみ園」は、地元農家と協力して休耕地で野菜作りに取り組んでいる。17、18日、市内のイベントで初めて販売する。同園は「大小さまざまで、不格好な物もあるけれど、利用者の頑張りを多くの人に知ってほしい」と呼び掛けている。

 福祉施設などによる交流イベント「ふれあい文化祭」(実行委員会主催)に出店する。ジャガイモとニンジン、切り干しダイコンなどを販売する。  障害者支援施設で作った商品の利益は、利用者の賃金になる。しかし、販路が限定されたり、安価に取引されたりしやすい。新たな仕事を生むにも施設にノウハウがない場合が多いという。一方、地域では農業の担い手不足から、耕作放棄地が増えている。  そこで、地元の若手農家でつくる「チームひなた」が、梅畑だった休耕地を借り、同園と共同の農園を開設。同園に植え方や水やりの頻度、間引きの仕方などを指導した。耕作放棄地の解消とともに、質の高い農作物を栽培することで、利用者の賃金アップを図る狙いがある。  同園は昨年9月下旬に、農園で野菜栽培を開始。利用者は週に2、3日程度、水やりや草取りなどの作業をした。今年初めから収穫を始め、ダイコンは切り干しダイコンに加工した。  同園施設長の寺岡尚子さん(59)は「野菜作りは心身の健康づくりにもつながる。販売できれば、利用者の自信になる。まだまだ試行錯誤の段階だが、地域貢献にもつなげたい」と話した。  チームひなた代表の岡本和宜さん(39)は「来シーズンは今回の経験を生かし、栽培する野菜の種類を増やしたい。かんきつ類などでも人手が必要な作業があり、協力関係をつくりたい」と話している。  ふれあい文化祭は17、18の両日に田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナである。時間は午前10時~午後4時。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク