全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

緑とアートあふれる 伊那西小学校林で森の芸術祭

伊那西小の学校林で読み聞かせを楽しむ来場者。周辺に手作りのアートを飾った

長野県伊那市伊那西小学校の学校林で6日、緑と芸術に親しむ小さな森の芸術祭「オトギバナシ」が開かれた。周辺で採集した葉っぱや木枝を材料にした手作りアートを林内に展示。完成したばかりの「森のステージ」で木や森にちなんだ歌や演奏、読み聞かせを繰り広げ、訪れた人たちは、緑の素晴らしさを再認識しながら芸術の秋を満喫した。

学区内の住民有志や作家らでつくる「小さな森の芸術祭企画室」主催。同校の多目的施設・いな西てらすで同日行われた演劇の巡回公演「月夜のファウスト」の関連イベントとして企画した。

展示した作品は、学区内の植物を用いた押し花風コラージュや、段ボールを素材にした小さな家などで、8~9月に開いた2回のワークショップで住民を交えて作った。作品は枝から下げたり、巣箱のように立木に掛けたり。切り株も展示に利用した。繭小屋をイメージした立体作品もお目見えした。

森のステージでパフォーマンス仕立ての読み聞かせをしたのは、絵本作家のきたじまごうきさん。絵の中のバスが学校林を走り抜け、森から山へ向かう物語を披露した。木で作った楽器や玩具も並んで子どもたちを喜ばせた。繭小屋作家で同企画室の弥生さん=伊那市西町大坊=は「緑とアートであふれ、来場者の皆さんの顔が幸せ感に満ちていた。季節を変えて芸術祭を開ければ」と話していた。

関連記事

長野日報社

初詣や初滑りで初尽くし 長野県茅野市の車山高原

長野県茅野市の車山高原で1日早朝、初日の出に合わせたリフトの特別運行があった。県内外の家族連れやカップル、スキーヤーらが2本のリフトを乗り継ぎ、標高1925メートルの車山山頂へ。あいにくの天候...

長野日報社

新成人記念の1枚 岡谷市役所に撮影コーナー

岡谷市教育委員会は4日から、新成人向けの記念写真撮影コーナーを市役所1階の市民ロビーに開設する。同市出身の童画家、武井武雄の作品「はるがきた」(1955年)を拡大印刷した撮影用のパネルを設置。...

サンタが島の夜空解説 親子でプラネタリウム楽しむ

 美ら星ゲートいしがき島星ノ海プラネタリウムは25日、クリスマス特別企画の「サンタがプラネタリウムにやってくる♪」を行い、多くの家族連れがドームに映し出される石垣島の冬の夜空を楽しんだ。同プラネタリ...

紀伊民報社

自転車で自然を満喫 サイクリングフェス

 和歌山県古座川町内で19日、「古座川リバーサイドサイクリングフェス2020」があった。県内外から親子連れら84人が参加し、古座川の自然と食を満喫した。  「KINANサイクリングチーム」の選...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク