全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

奄美の魅力を外国語で 地域通訳案内士、育成研修始まる 奄美市名瀬

地域通訳案内士への抱負を語る受講生ら=5日、鹿児島県奄美市名瀬

 外国語を通して訪日外国人へ観光地や地元の文化、歴史について説明する奄美群島地域通訳案内士の2019年度育成研修が5日、鹿児島県奄美市名瀬の奄美会館を皮切りにスタートした。本年度は奄美群島全体で英語と中国語合わせて29人が地域通訳案内士の資格獲得を目指す。

 来年夏の実現が期待される奄美・沖縄の世界自然遺産登録や、格安航空会社(LCC)の就航で増加が見込まれる外国人観光客の受け入れに対応する取り組みで、奄美群島広域事務組合主体。研修は㈱チャイナゲートウェイ(本社・沖縄県)が請け負う。

 全国で活動する通訳案内士になるには国家試験に合格する必要があるが、18年の通訳案内士法改正によって特定の都道府県地域に限り有償で仕事ができる「地域限定通訳案内士」が全国的に解禁された。

 奄美では奄振法の特例措置として、16年度から独自の研修・試験を実施している。これまでの合格者は英語81人、中国語26人。今後は韓国語の案内士も加え、23年度までに新たに計79人の育成を目指す。

 受講生は語学や奄美の魅力を観光客に伝える地域学など54時間(救命講習を除く)の研修を受け、12月の最終試験に臨む。昨年度は申し込み94人に対し57人が合格した。

 試験合格後は活動地の市町村ごとに申請が必要だが、広域事務組合は本年度末までに窓口を同組合に一本化する予定という。

 奄美大島では本年度、20~80代の19人(英語15人、中国語4人)が受講申請。初日は講師との顔合わせがあり、受講生は「海外留学の経験を生かしたい」「観光ガイドとして仕事のスキルアップにつなげたい」などと抱負を語った。

 与論島、喜界島、徳之島、沖永良部島の会場は7~11日に開講式がある。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク