全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田で「オーラルフィジシャン・チームミーティング」

 入れ歯に頼ることなく生涯にわたって28本の歯全てを守る「KEEP28」を目指す全国の歯科医療従事者が一堂に会する「2019オーラルフィジシャン・チームミーティング」が5日、酒田市の希望ホールで開幕した。今年は初めて市民公開講座を兼ね、全国各地から集まった歯科医療従事者と共に一般市民も参加。6日(日)までの2日間、国内外から招いた講師の講演などで知識を深める。

歯科医療従事者らが会場を埋めたオーラルフィジシャン・チームミーティング=5日午前

 オーラルフィジシャンは、虫歯や歯周病を発生させないよう口腔(こうくう)の健康を総合的に管理する歯科医師のこと。このミーティングは、世界標準の歯科医療の構築と実践などを目的に、同市の日吉歯科診療所(熊谷崇院長)が開いている「オーラルフィジシャン育成セミナー」を修了した歯科医院スタッフが集まり、2006年から毎年この時期に開催。年々規模が拡大しており、今年は全国各地から従事者約650人が参加。今年は両日計5つのパートを用意し、このうち初日午前と2日目が市民公開講座。

 初日午前の開会行事で丸山至酒田市長は「酒田に集い、ここで学びを深めてもらうことは市民として喜び。2日間の学びで希望を見いだしてほしい」と歓迎した。

 引き続き「人口減少・少子高齢化社会へ我々はどう立ち向かうか?」を統一テーマに掲げ、ジャーナリストの河合雅司さん、「YAMAGATA DESIGN」(鶴岡市)の山中大介社長、熊谷院長、日本海総合病院(県・酒田市病院機構)の栗谷義樹理事長が基調講演。このうち「未来の年表」(講談社)がベストセラーになった河合さんは「未来の年表―人口減少日本で起きること」と題し、これからの日本社会を解説。少子高齢化、地域間格差、働き手・支え手不足、医療や介護を取り巻く環境の激変といった日本、特に地方が直面している課題を挙げた上で、「行政の在り方を見直す必要がある。過度の行政依存と決別し、やれることは自分で(自助)、『お互い様』の精神(共助)、個々でできないことを実施(公助)と自治体の役割を再定義するべき」「特異で『無くてはならない存在』を目指すべき。酒田でしかできない今ある技術、特産に付加価値をさらに付けて」などと述べた。午後は「人口減少・少子高齢化社会における歯科診療所の役割・取り組み」のテーマで講演とディスカッション。2日目は、UCLA歯学部教授のペリー・クロッキボルトさん、経済産業省商務・サービスグループ政策統括調整官の江崎禎英さん、マザーハウス代表の山口絵理子さんの講演が行われる。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク