全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自動運転で貨客混載 上士幌で国内初実験

 自動走行の電気バスの試乗に買い物配送サービスを組み合わせた、国内初となる貨客混載型の運行実証実験が5日、町内で始まった。複数の公共交通機関を組み合わせた次世代移動サービス「MaaS(マース)」も活用。目的地に人や物を同時に運ぶ、新たな自動運転の実用化が期待される。

実際に公道を走行した自動運転の電気バス

 民間企業と町で構成する「Japan Innovation Challenge実行委員会」の主催。ソフトバンク子会社のSBドライブと、マースのコンサルティングを手掛けるマーステックジャパン(MaaS Tech Japan)も参画している。

 電気バスはフランスのNAVYA社製。2年前も同社製の車両を使って役場敷地内で一般向け試乗会を行ったが、今回は6月に車両ナンバーを取得、公道での走行が可能となった。運転席やハンドルはなく、最大時速は30キロ。車両定員は最大11人(配送商品を積んだ場合は最大6人)。

 町民の生活支援につなげる目的で、Aコープ店舗の商品を購入したり試乗予約ができる上士幌版のマースアプリを導入した。

 5日はテスト走行を終え、午前11時すぎから商品と乗客を載せた本格走行を開始。町営駐車場を出発、GPS情報を基に決められたルートをたどり、1.2キロ先の西地区リサイクルセンター前に向かった。乗車した町民(59)は「信号や交差点でも安全に走行し、怖くなかった。高齢者が増える中、このようなサービスは心強い」と話していた。

 実証実験は7日まで。午前10時~午後4時(最終日は午後2時まで)の間に1時間1往復する。無料だが事前申し込みが必要。十勝では大樹町内で昨年12月、国土交通省主導の自動運転走行実験が行われている。

貨客混載のバスの車内

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク