全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

全道のアイヌ民族集結 第70回まりも祭り【釧路】

道内各地のアイヌ民族が集結し古式舞踊などを披露した特別イベント(昨年11月、釧路市)

 国の特別天然記念物マリモの保護を祈念する年に一度の祭典「第70回まりも祭り」が、今年も8日から3日間、釧路市阿寒湖温泉で開かれる。70回目の節目を迎える今年は、中日の9日に全道各地のアイヌ民族のサブリーダーを招いた記念公演を行う予定で、例年以上にアイヌ文化を身近に感じる機会となりそうだ。

 世界で唯一の球状マリモ群生地がある阿寒湖の自然環境保全を願った歴史的な取り組みで、NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構(大西雅之理事長)や阿寒アイヌ工芸協同組合(西田正男代表理事)などが主催する。

 初日の8日は午前10時から、阿寒湖畔エコミュージアムセンターで講演会。釧路市教育委員会マリモ研究室の尾山洋一主任が「チュウルイ湾マリモ群生地における水草の除伐対策とマリモ一斉調査について」と題し、最新の取り組みについて解説。午後1時からは講演会参加者による生息地観察会があり、普段立ち入りが禁止されているチュウルイ湾を訪れ、天然マリモの生態を学ぶ。

 9日は午後1時からの「まりも踊り」の行進の後、同2時から阿寒湖アイヌシアターイコロで「アイヌ古式舞踊の現在、そして未来」と題した記念公演がある。昨年11月に釧路市内で開催されたアイヌ民族文化交流イベント「カムイモシリ・アイヌモシリ」のように、道内各地のアイヌ民族継承者となりうるサブリーダーら約20人が集まっての特別舞踊が披露。地元釧路の人たちによる踊りもお披露目される。

 最終日の10日は午前10時から「まりもを送る儀式」。アイヌコタン・ポンチセで神に祈りを捧げるカムイノミを行った後、全道から集まったアイヌ民族ら約150人が同コタンから湖岸園地まで行進する「まりも行列」がある。同園地では丸木舟に乗った長老がマリモを湖に返す儀式が行われる。ここでも各地から集まったアイヌの人々による古式舞踊が予定されている。

 同協会などでは「秋の紅葉の季節とも重なる。宿泊を兼ねて温泉へ来訪を」と呼び掛けている。問い合わせは同協会0154(67)3200へ。

関連記事

釧路新聞社

水草、エゾシカ餌に活用【阿寒湖】

   国の特別天然記念物マリモの保護組織「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は今年度、マリモ群生地保全のため刈り取っている阿寒湖の水草を活用した新たなプロジェクトに取り組む。前田一歩園...

鳩間小中学校 カヌーで島を一周 児童生徒ら海洋学習楽しむ

 竹富町立鳩間小中学校(片平雅明校長、児童1人・生徒5人)は5月29日、竹富町教育委員会が推進している事業「竹富町海洋教育」の一環として、カヌーによる鳩間島一周(約3・8㌔)を全児童生徒と学校職...

長野日報社

移住促進にママ目線 伊那市の5人、ガイドブック作成中

 伊那市内で子育て中の母親5人が、市の魅力を発信する移住ガイドブックの作成に取り組んでいる。市から依頼を受け、IターンやUターンの経験を生かしながら”ママ目線”で製作。豊かな自然や暮らしやすさを...

街路樹に優雅なコチョウラン 奄美市名瀬大熊町

 鹿児島県奄美市名瀬大熊町の街路樹に着生させた200本のコチョウランが、優雅な白い花を咲かせている。大熊町内会の重田茂之会長(71)は「多くの方々にきれいな花を見て楽しんでほしい」と話している。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク