全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

全道のアイヌ民族集結 第70回まりも祭り【釧路】

道内各地のアイヌ民族が集結し古式舞踊などを披露した特別イベント(昨年11月、釧路市)

 国の特別天然記念物マリモの保護を祈念する年に一度の祭典「第70回まりも祭り」が、今年も8日から3日間、釧路市阿寒湖温泉で開かれる。70回目の節目を迎える今年は、中日の9日に全道各地のアイヌ民族のサブリーダーを招いた記念公演を行う予定で、例年以上にアイヌ文化を身近に感じる機会となりそうだ。

 世界で唯一の球状マリモ群生地がある阿寒湖の自然環境保全を願った歴史的な取り組みで、NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構(大西雅之理事長)や阿寒アイヌ工芸協同組合(西田正男代表理事)などが主催する。

 初日の8日は午前10時から、阿寒湖畔エコミュージアムセンターで講演会。釧路市教育委員会マリモ研究室の尾山洋一主任が「チュウルイ湾マリモ群生地における水草の除伐対策とマリモ一斉調査について」と題し、最新の取り組みについて解説。午後1時からは講演会参加者による生息地観察会があり、普段立ち入りが禁止されているチュウルイ湾を訪れ、天然マリモの生態を学ぶ。

 9日は午後1時からの「まりも踊り」の行進の後、同2時から阿寒湖アイヌシアターイコロで「アイヌ古式舞踊の現在、そして未来」と題した記念公演がある。昨年11月に釧路市内で開催されたアイヌ民族文化交流イベント「カムイモシリ・アイヌモシリ」のように、道内各地のアイヌ民族継承者となりうるサブリーダーら約20人が集まっての特別舞踊が披露。地元釧路の人たちによる踊りもお披露目される。

 最終日の10日は午前10時から「まりもを送る儀式」。アイヌコタン・ポンチセで神に祈りを捧げるカムイノミを行った後、全道から集まったアイヌ民族ら約150人が同コタンから湖岸園地まで行進する「まりも行列」がある。同園地では丸木舟に乗った長老がマリモを湖に返す儀式が行われる。ここでも各地から集まったアイヌの人々による古式舞踊が予定されている。

 同協会などでは「秋の紅葉の季節とも重なる。宿泊を兼ねて温泉へ来訪を」と呼び掛けている。問い合わせは同協会0154(67)3200へ。

関連記事

長野日報社

色づく白樺湖一帯の木々 紅葉始まる

 茅野市郊外の白樺湖一帯で紅葉が始まった。市街地から延びる大門街道沿いの木々も、標高が上がるにつれてオレンジ、黄、赤が増え、観光客やドライバーの目を楽しませている。  白樺湖観光センター(両...

陛下ご即位記念植樹

 豊橋建国記念の日奉祝運営委員会(天野明彦・代表運営委員)は22日、天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせ、豊橋公園で記念植樹を行った。  1965年設立の同会は、これまでも5年ごとに陛下在位を記念...

荘内日報社

ビーガン料理世界大会 渡部さん(酒田市出身)準優勝

 ビーガン料理の世界大会「The Vegetarian Chance2019」が13日にイタリアで開催された。 世界各国から約200人の応募があり、1次選考で残った8人による決戦が行われ、酒田市出身の渡部駿さ...

紀伊民報社

淡く光る毒キノコ 「ツキヨタケ」

 シイタケに似た毒キノコ「ツキヨタケ」が、和歌山県田辺市龍神村の護摩壇山で淡い光を放っている。森林公園総合案内所によると、例年より発生が遅いという。  ツキヨタケは8~10月に生えやすい。大き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク