全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

信大農学部開発の夏秋イチゴ 栽培技術向上へ現地視察検討会

夏秋イチゴの品種「信大BS8-9」について大井さんの話を聞く参加者たち=玄農舎伊那農場

 信州大学農学部が開発した夏秋イチゴ「信大BS8-9」の現地視察検討会が3日、伊那市西箕輪大泉新田の玄農舎伊那農場のハウスで開かれた。全国から生産者ら55人が集まり、同品種の”生みの親”である信大工学部特任教授の大井美知男さんと、農場長の山口昭雄さんから話を聞き、栽培技術の向上に役立てた。同品種の導入に意欲を持つ人たちも参加した。

 信大BS8-9研究会(事務局・長野市)が主催する研修会で3回目。上伊那地方では初めて開いた。同農場は多段式の高設栽培システムで同品種を育てるほか、増殖棟や育苗棟もあり「これから始めようとする人たちの参考になる」として会場に選んだ。

 同品種は味や糖度、香りに優れ、果芯まで着色する特性を持つ。農学部時代に品種改良を手掛けた大井さんは、高品質の四季なり性品種として評価が高まり、北海道から九州まで60カ所で栽培されるようになったと説明。「夏秋収穫だけでなく、今後は周年収穫栽培を考えてほしい。作業する人も通年の方が仕事をしやすい」と伝えた。

 山口さんは、同農場の設備や実績を示し、さまざまな試験データを公開。「早めに植えてゆっくりと根を張らせることが大事。株間を開けると収量増につながる」などと解説し、「このイチゴでなければ駄目というお客さまも増えている。需要に供給が追い付いていない」と、生産拡大の必要性を訴えていた。

 一行は、同じ西箕輪地区にある伊那バスアグリ事業部のハウスも見学した。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク