全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

中也の詩の世界を自動人形からくり箱で

武藤さんが制作したからくり箱を見る来場者(中原中也記念館で)

 自動人形からくり箱で中原中也(1907~37年)の詩の世界を表現する神奈川県出身の美術家、武藤政彦さんの展覧会「ムットーニからくり文学館」が、山口市湯田温泉1丁目の中原中也記念館で開かれている。11月24日まで。  同館の開館25周年記念の一環である同展は「文学表現の可能性」をテーマに、文字情報だけでなく造形作品や漫画など、さまざま方面から文学性を掘り起こそうと企画した。    武藤さんの作品は、舞台装置が巧みに絡み合いながら、物語を紡いでいく独自の世界観で人気を集めている。    同展では人形、音楽、朗読などにこだわった7点を展示。中也の他にも萩原朔太郎や宮沢賢治の文学を題材としたからくり箱もある。    初公開の「サーカス」は、同展のために制作。高さ約1㍍、横約50㌢の木箱の中は劇場をモチーフにした三重構造になっており、空中ブランコをする少女やイワシ頭の観客が朗読に合わせて登場する。    戦争を思い起こさせる描写で始まったことから、物悲しい雰囲気になったという武藤さんは「中也の詩のファンがどう感じるか、気になる」と同館に話していたという。    スケッチや人形のパーツ、からくりの構造図も展示しており、作品の精巧さをうかがうことができる。    また関連イベントとして、武藤さんの口上を交えた上演会を11月2~4日、23、24日の午後1時と3時に開く。    25日は、同館学芸員の解説も聞ける展示見学が午後1時半から3時まである。いずれも事前申し込み不要で参加無料。    開館時間は午前9時~午後6時(11月は5時)。    入場料は一般330円、学生220円、18歳以下と70歳以上は無料。  

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク