全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サトウキビなど8442万円 台風18号農林被害 農道ののり面崩壊3カ所

台風18号で八重山全体で6570万円の被害が出たサトウキビ=1日午後(石垣市内)

 【那覇】県は2日、県庁で開いた台風18号にかかる第2回県災害対策本部会議で、1日午後6時時点の農林水産業関連の被害額は約8442万円に上ることを報告した。また、9月30日午後9時45分ごろから10月1日午前8時55分にかけて、石垣市と竹富町全域で発生した大規模な通信障害の原因について企画部総合情報政策課は、NTT西日本の調査で「飛来物による基地局間の中継ケーブルの損傷によるもの」との発表があったことを説明した。

 被害の内訳は耕種部門では石垣市がサトウキビ約4299万円、花き・野菜約272万円の約4571万円。竹富町がサトウキビ約1942万円、与那国町が同約329万円で、計6842万円。

 農業用施設では石垣市内道路ののり面崩壊が3カ所で被害額が約1600万円。竹富町と与那国町は調査中としている。

 県は引き続き被害の状況把握に努めるとともに、被害状況に応じて各農林水産振興センターなどに相談窓口を設置し、低利の制度資金や農業共済などの活用に関する相談などを実施する考え。

 さらに農業関連施設などの被害が確認された場合は、国や地元関係団体などと情報共有・連携を図り、災害復旧事業などによる速やかな復旧に努める。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク