全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城の元小学校長鈴木さん「寒狭峡の呼称Ⅱ」作成

 新城市長篠の元小学校長鈴木孝行さん(80)が、市内を流れる豊川(とよがわ)の寒狭峡といわれる場所で滝や岩などの呼び名を解説する冊子「寒狭峡の呼称Ⅱ」を作成した。2004(平成16)年に作ったものを改め、写真集と文を添えた資料集の2冊にまとめた。

 鈴木さんは、現地に住んでいた滝川保海さん=故人=が作った手書きの資料をまとめ、04年に「寒狭峡の呼称」をつくった。第一弾は写真集のみだったため、資料文も添えようと調査を行い、A4判6㌻の冊子にした。  写真集では寒狭橋下から発電所下までの流域部計36カ所の呼称と現地の写真、地図に示した。資料集では岩が馬の背中に似ている「馬の背」など呼称の言われ、川の風景描写、流域の「鮎滝」で行われているアユを捕まえる「笠網漁」などの説明も加えている。  鈴木さんは「川に呼称が付けられていることに愛着を感じた。だれにでもわかるような資料にできたらと作った。亡き滝川さんにも喜んでもらえれば」と話した。  冊子は新城市設楽原歴史資料館で閲覧できる。

関連記事

サヤ数、実入り 過去最高 芽室の落花生 収穫本格化

 落花生の作付け道内最大規模を誇る芽室町で収穫作業が本格化している。町落花生生産組合(11戸、藤井信二組合長)が7月に発足してから初の収穫で、今年からJAめむろの工場での乾燥作業を開始する。 ...

荘内日報社

テントサウナ楽しんで!! 無料体験イベント 鳥海山の伏流水で「ととのえる」 自..

 “屋外サウナ”を楽しんでみませんか―。アウトドア愛好者の間で注目を集めている「テントサウナ」の体験イベントが10月28日(土)、遊佐町の月光川河川公園で行われる。若者を中心に流行している「サウナ」をコン...

宇部日報社

ウオーカブル化への理解を 第3回まちづくりシンポジウム【宇部】

にぎわい創出、地価上昇など期待  にぎわい宇部(藤村雄志社長)主催の「宇部まちづくりシンポジウム」は29日、文化会館で開かれた。約100人が参加し、基調講演やパネルディスカッションを通じて常...

北羽新報社

能代市第五小の児童、バス乗り「歴史の里」探検

 秋北バス(本社・大館市)の一般路線バスのダイヤ改正に伴い、能代市の母体線がきょう30日で運行を終えるのを前に、同市第五小(渡部剛校長)の2年生が29日、バスに乗車して桧山地域を「まち探検」した。県バ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク