全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

竹中むかわ町長、リトアニア訪問 恐竜化石が縁、親書届く

親書を手にリトアニアとの交流発展へ意気込む竹中町長

 むかわ町の竹中喜之町長は、リトアニア共和国北部にあるアクメネ市との交流実現に向け10日、同国を訪問する。アクメネ市も恐竜化石が多く発掘されている地域で、むかわ町に交流を求める親書が届いた。町は、ビタリユス・ミトロファノバス地域市長と竹中町長の対談ができないか調整中で、竹中町長は「お会いして、どんな広がりができるか話したい」と期待している。

 町によると、きっかけになったのは、アクメネ市が日本のまちとの交流を希望し、駐リトアニア大使の山崎史郎氏に相談を持ち掛けたのが始まり。山崎氏は道の顧問を務めたこともあり、同市の地層から三畳紀の化石など多くの恐竜化石が発掘されている点でむかわ町と共通していることに注目。ハドロサウルス科の恐竜化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)が見つかった同町を紹介した。

 話は進み、今年4月に道を通じて町に交流を求める打診があった。6月には市長からの親書も届き、「われわれアクメネ地域と交流関係を築いてみてはもらえないでしょうか」「(交流を通じて)むかわ町の人々の活力になり、アクメネ地域市民の協力が町の胆振東部地震からの復興の手助けになれば」と、前向きな内容が記載されていた。

 竹中町長は、北海道町村会の海外行政視察の一員として6~13日、自然再生エネルギーの先進国でもあるデンマークとリトアニアを訪問。11日にはリトアニアで地方自治体交流会が開催され、文化経済などに関する交流のきっかけ作りを行う予定となっている。竹中町長は「親書と震災に関する激励の言葉に対し、お礼をしたい。恐竜化石を通じてどう展開できるか。今回の視察を通じて元気のお土産を持ち帰りたい」と意欲を見せている。

 バルト3国の一つリトアニア共和国は、「命のビザ」で知られる故杉原千畝が在カウナス領事館に勤務していたこともあり、日本とは伝統的に良好な関係を築いている。これまでにクライペダ市と岩手県久慈市、カウナス市と岐阜県八百津町が姉妹都市提携を結んでいる。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク