全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

秋色に染まる中央アルプス千畳敷 紅葉が見頃

見頃を迎えた中央アルプス千畳敷の紅葉

標高約2600メートルの中央アルプス千畳敷で、紅葉が見頃を迎えた。1日はロープウエーを利用して多くの観光客や登山者が訪れ、色付いた草木や青空に映える山並みを楽しんでいた。

中央アルプス駒ケ岳ロープウェイを運行する中央アルプス観光によると、今年の紅葉は梅雨以降に雨が多かったことが影響してか、ナナカマドなど赤の発色が弱め。それでもダケカンバなどの鮮やかな黄色が、千畳敷一帯を秋色に染めている。紅葉は徐々に山を下り、今月中旬にはロープウエー沿線で見頃になりそうだという。

友人と神奈川県から訪れたという女性(31)は「秋の登山は初めて。紅葉と青空の組み合わせがとてもきれいで感動しました」と話し、カメラのシャッターを切っていた。

関連記事

長野日報社

多「酒」多彩に酒蔵ツーリズム 伊南地域がモデルに

国税庁の「酒蔵ツーリズム推進事業」で、全国16カ所のモデル事例対象地域の一つに長野県の駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村の伊南地域が公募で選ばれた。伊南DMO設立準備会が申請していたもので、日本...

新しいライオンの見方

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)内で、市が整備していた新しいライオン展示場が30日、グランドオープンした。ライオンたちが頭上を歩いたり、放飼場(放し飼いする場所)で行動したりする姿を間近...

豊橋総合動植物公園が再開

 新型コロナウイルス対策で休園していた豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)が26日、一部施設を除いて再開した。午前9時の開門から大勢の親子連れらが訪れ、動物たちと再会を果たした。マスク越しに笑...

長野日報社

今年の豊作願い田植え 下諏訪町の万治の石仏

長野県下諏訪町の諏訪大社下社春宮近くにある「万治の石仏」脇の田んぼで25日、田植えが行われた。下諏訪観光協会職員、町の地域おこし協力隊隊員、町職員など10人が長靴を履いて水田に入り、豊かに実る...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク