全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

コイの水田養殖 廃れた食文化再興にも意欲 伊那市高遠町藤沢

水田から飼育池に移したコイの育成状況を確かめる地域住民ら

長野県伊那市高遠町藤沢の住民有志が、米を作りながらコイを養殖する試験を水上地区の田んぼで進めている。中山間地水田の活用と維持につなげる狙い。淡水魚に詳しい県内水面漁場管理委員会委員の桐生透さん(71)=高遠町上山田=の指導で技術を確立し、自家採卵や種苗生産、地域での水田養殖の普及、養殖コイの流通を目指す。「廃れてしまったコイの食文化も再興させたい」と意欲を見せている。

6月に田植えをした小池守雄さん(65)の水田2アールに7月上旬、稚魚44匹を放流。水田内での採食や1日2回の給餌で育て、今月27日に生き残った23匹を近くに設置した飼育池へ移した。1匹当たりの平均体重は約300グラムで上々だという。

桐生さんによると、コイは身がたっぷりで栄養価も高いが、海の幸が流通するに従って食文化が衰退。住民有志によると、藤沢でも約20年前まで自家消費用のフナを水田で育てる光景が見られたが、姿を消したという。

「甘露煮、あらい、こいこくと調理法も多彩。小骨が多く調理しにくいというイメージが定着するが、簡単な処理方法もある」と桐生さん。清らかな藤沢川の水はコイの養殖に向くとし、「コイを食べる文化が広がれば」と期待を込める。

来年度は同じ2アールの水田で放流量を100匹程度まで増やし、生育状況や生残率を調べていく。夏場の水温上昇を見据えて水深をより深くすることを検討。養殖に適した田んぼの構造や、味を良くするための飼育方法も研究する。

小池さんは「コイの魅力や価値を再認識し、まずは地元農家に普及させたい」と意気込み、「いずれは地域の旅館や飲食店に出せれば。米づくりの副産物にできれば、中山間地の水田農業に希望が見えてくる」と話している。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク