全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

第61回「奥の細道」羽黒山全国俳句大会 夏井さん選評、夢枕さん講演

 奥の細道紀行330年記念第61回「奥の細道」羽黒山全国俳句大会が29日、鶴岡市のいでは文化記念館で開かれた。全国各地から俳句愛好者が参加し、羽黒山の自然や文化、歴史に触れ、選者に招かれた俳人の夏井いつきさんの選評と作家の夢枕獏さんの講演を通じて創作について思索を深めた。

 俳聖・松尾芭蕉が元禄2(1689)年、出羽三山を訪れ、多くの名句を残した。また俳人・高浜虚子が1956(昭和31)年に出羽三山を訪れており、これを機に59年(同34)年から羽黒山全国俳句大会が始まった。出羽三山神社や鶴岡市などによる実行委員会が主催。今回は兼題(当季雑詠)の一般の部に全国から752句、子どもの部に2741句が寄せられ、大会当日の出羽三山当季雑詠には132句の投句があった。

 大会には地元をはじめ県内外から約120人が参加。冒頭には奥の細道紀行330年記念事業に関する関係自治体による全国キャラバン隊セレモニーもあり、「俳聖の火」の分火なども行われ、夢枕さんの「俳句と縄文」と題した講演、夏井さんによる選評、表彰式、記念撮影などが行われた。

 前日の28日夜は、羽黒山頂の出羽三山神社参集殿で、大会前夜祭として、大会に協力している角川文化振興財団の「俳句」編集長・立木成芳さんの進行で、選者2人による特別対談があり、県内外から約60人が参加した。

 夏井さんと夢枕さんは俳句を通じて親交があり、俳人と小説家それぞれの創作活動について軽妙な掛け合いで紹介。ジャンルは異なるものの2人とも「表現することは楽しいもの」と語った。夏井さんはテレビ番組「プレバト」のエピソードなども紹介し、「俳句を作る人は好奇心が旺盛なもの。自分の好奇心を満たすため、とにかく外に出て取材活動をしてみる。そうしているうちに、句帳にたまった言葉が、ある日ポコンとはじけて(句として)出てくるはず」と語り掛けていた。

前夜祭で対談した選者の夏井さん(左)と夢枕さん=28日、出羽三山神社参集殿

県内外から愛好者が訪れた羽黒山全国俳句大会=29日、いでは文化記念館

関連記事

長野日報社

三光寺の河津桜 広がる色彩 長野県富士見町

長野県富士見町落合上蔦木の三光寺(川窪俊英住職)で河津桜が見頃を迎え、本堂の南東側の庭に濃いピンク色の花が広がっている。咲き具合は木によって異なり一部は葉桜に変わりつつあるが、今月いっぱいは楽...

清掃活動連続1000日を達成 田中さん「まだまだ拾い続ける」

 「アースクリーン」として2020年7月からボランティア清掃活動を続ける田中秀典さんの連続記録が27日で1000日を迎えた。この日は、午前6時から桃里の海岸を清掃。賛同する仲間たち約40人でビーチクリーンを...

釧路新聞社

在外教育施設派遣の川堰、松下教諭帰国報告【釧路】

  在外教育施設の教員として文部科学省の制度により派遣されていた、台中日本人学校(台湾)の川堰清美教諭(釧路市立鶴野小学校)と、シカゴ日本人学校(アメリカ)の松下美保教諭(同音別小学校)がこのほど...

釧路新聞社

釧路市役所、2航空会社の出向者離任【釧路】

 釧路市に出向していた職員の帰任者辞令交付式が27日、市役所で行われた。新型コロナウイルスの影響で2021年度に航空会社から出向していた横澤友絵さん(51)さんと服部まゆかさん(46)も戻ること...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク