全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ものづくり成果発表

優勝した県ロボット競技大会を動画で報告する電気科の生徒=豊川市文化会館で

 豊川工業高校(水野智久校長)は14日、豊川市文化会館で「第9回研究発表大会」を開いた。全校生徒や父母、企業関係者、近隣の代田中学校2年生を前に、3年生の代表6チームが取り組んできた課題製作や研究の成果を発表した。  機械科1組は「考えるものづくり」、同2組は「部活動支援プロジェクト」、電子機械科1組は「制御に関する研究」、同2組は「コマの製作」、電気科1組は「愛知県工業高校生ロボット大会への挑戦」、情報システム科1組は「ゲームプログラミング」と、それぞれの題名で発表。画像や動画を使い、課題に臨んだ動機や工程、問題点や反省点などを報告した。

電気科はロボット競技大会優勝を報告

 電気科1組は昨年12月の県ロボット競技大会で、決勝で一宮工業に逆転勝利して優勝し、アイデア賞とデザイン賞にも輝いた功績を動画も使って振り返り「繰り返しのテストや点検、修理、緊急対応など、ものづくりの大変さを知り、目標を達成できた時の感動を得た」と回想した。  また、電子機械科2組は昨年11月の全国高校生コマ大戦で3位に輝いたチームを紹介し「来年は後輩がリベンジし、優勝を狙ってほしい」と期待。外注の見積もり額より安価で、バレーボール部の屋外コートや、野球部の防球フェンスを作った機械科2組は「みんなで一丸となって作業でき、いい経験になった」と話した。  生徒の専門知識や創造力、チームワークを高めるために開催しており、今年も多くの理工学系の企業関係者が来場。斬新な技術や優秀な人材の発掘に目を光らせた。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク