全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「東京五輪マラソン選手と走ろう」 千歳市内の小中学生と交流

服部、前田両選手と青葉陸上競技場のトラックを走る子供たち

 千歳で強化合宿中の東京五輪マラソン日本代表に内定した選手らと市内小中学生との交流イベント「東京2020オリンピックマラソン選手と走ろう」(千歳市主催)が28日、真町の青葉陸上競技場で開かれた。小中学生75人が国内トップの男女選手に質問する場面や一緒に走る体験を通してトレーニングや試合前の食事の取り方などについてアドバイスを受けた。

 協力したのは25日から当地合宿に臨んでいる日本代表に内定した中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)の4選手と日本代表の有力候補の小原怜(天満屋)各選手。

 開会式のあいさつで千歳市の横田隆一副市長は「きょうで東京五輪まで300日。千歳市もまちを挙げて応援したい。きょうは楽しい一日にしましょう」と呼び掛けた。

 トークイベントでは、子供たちから「どうすれば速くなれるの」という質問があった。中村選手は「練習を積み上げ、目標を持って楽しむことを第一に考えることが大事」と答えた。「走る前に取る食事目安は」との質問に対し、鈴木選手は「消化がよい、普段から食べ慣れているものが一番」とアドバイスした。

 この後、子供たちは選手と一緒に腕を大きく回したり、もも上げなどの準備体操をしたり、グループに分かれてリレーを楽しんだ。

関連記事

調理法、地元漁師に学ぶ 児童ら刺し網体験で大漁 白浜・船浮小合同

 【西表】白浜小学校(長遠順二校長)・船浮小学校(中山盛延校長)合同の海洋教育「白浜の刺し網漁体験」が15日、行われた。地元の漁師、下地鮮魚店の下地勲さん・秀太さん親子が協力した。  朝、学校...

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク