全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

受け継がれる「恩返し」 茅野市金沢小でコンサート

地区内を中心に子どもからお年寄りまで200人余りが聴き入った「おむすびコンサート」

 松本市を拠点とする中高生ジャズバンド「ザ・ビッグバンド・オブ・ミュージックトイズ」が出演する「第6回おむすびコンサート」(実行委員会主催、長野日報社など後援)が29日、茅野市金沢小学校体育館であった。2014年2月の豪雪時に、メンバーが遠征に向かっていたバスが国道20号の同地区で立ち往生し、住民からおむすびなどの差し入れを受けた「恩返し」として始まった。地域の子どもからお年寄りまで約200人が来場し、軽快なジャズサウンドに聴き入った。

 当時バスに乗っていたメンバーは全員卒業したが、感謝の気持ちは受け継がれ、今年は中学3年~高校3年のメンバー25人をはじめ、中学2年~小学5年までのキッズ15人も出演した。共に茅野市金沢在住で、おむすびコンサートを聴いて、仲間入りした青木咲良さん(富士見高3年)と増田陽菜さん(岡谷南高2年)の姿もあった。

 2部構成で「酒とバラの日々」「ジャスト・フレンズ」「スイングしなけりゃ意味ないね」のほか、知っている曲も聴きたい―という昨年の来場者のアンケートに応えて「上を向いて歩こう」「お嫁においで」「ハナミズキ」など約15曲を演奏。会場からは自然と手拍子が沸き、体でリズムを取ったりしながら楽しんでいた。金沢小音楽クラブの澄み切った歌声や信州玉川太鼓による迫力ある演奏、フリーマーケットもあった。

 バンドマスターで高校2年の西ケイカさん=塩尻市=は「姉がOBで、温かいもてなしがとてもうれしく忘れられないと言っていた。金沢との絆をこれからも大事にしていきたい」と話していた。

 あいさつで、武居義幸実行委員長は「皆さんの協力でこれからも長くコンサートを続けたい」、来賓の今井敦市長は「お互いの優しさと優しさが一緒になりさらに絆が深まることを願う」と述べた。

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク