全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ラグビーワールドカップ 奇跡「鳥肌立った」 帯広

 「すごい試合だ」「鳥肌が立った」-。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本代表2戦目となるアイルランド戦(静岡・エコパスタジアム)が行われた28日夕、帯広市内のパブにはサポーターらが集まり、選手たちに声援を送った。前回大会の南アフリカ戦勝利に続く大金星に、店内は熱気と期待に包まれた。

アイルランドを相手に日本が逆転のトライを決め、歓声を上げるサポーター(帯広市内のゴールウェイで)

 市内のパブ「モシャス」(西1南10)では、帯広柏葉高校ラグビー部OBら10人がテレビで観戦した。前半は先制を許したものの、日本がペナルティーゴールを計3本成功させて3点差に迫ると、手をたたいて歓喜の声を上げた。

 寺町篤史さん(35)は「4年前の南アフリカ戦を思い出させる試合展開。日本は後半になっても走り続けるプレーをしているので、期待できる」と勝利を願った。

 そして後半18分。日本が連続攻撃から、この試合初のトライを決めて逆転すると、店内は興奮の渦に包まれた。試合終了後は立ち上がって優勝候補の一角を破った勝利を祝い合い、田口賢祐さん(39)は「選手交代がぴたりと当たり、実力で勝った」と喜んだ。

 市内のアイリッシュパブ「GALWAY(ゴールウェイ)」(西2南10)でも、約30人のサポーターらが大型スクリーンの前で声援を送った。

 原鉄兵さん(39)は「こんなにすごい試合は4年ぶり。全選手が献身的で最高のパフォーマンスを見せてくれた。まずはベスト8、そして優勝を期待したい」と興奮気味に話した。

 日本は10月5日の第3戦(愛知県豊田市)でサモアと対戦する。

関連記事

荘内日報社

庄内産小麦のブランド化へ 地産・地消推進狙いに勉強会

 庄内産小麦に関する勉強会が11日、酒田市のマリーン5清水屋で開かれ、庄内地方のラーメン店主や製菓、製パン業者らが、山形大農学部(鶴岡市)が庄内で進める小麦の試験栽培に関する報告やラーメンの試食などを...

道東の魅力伝えたい 社団法人「ドット道東」設立

 道東を中心に活動するクリエーターが集まる一般社団法人「ドット道東」が、道東の魅力的な暮らしぶりや取り組みを紹介するガイドブックの制作に取り組んでいる。資金はクラウドファンディング(CF)で募って...

宇部日報社

新天町名店街にライオン! 木村さんがアートで商店街を盛り上げ【宇部】

 「ガオーッ!」。店舗を仕切る塀に描かれたライオンは、今にも飛びかかってきそうなほどリアル。宇部新天町名店街には先月初旬から動物の壁絵が次々と出現し、店主や通行人を驚かせている。  壁絵は青...

釧路新聞社

捕獲されたアオウミガメ放流【標津】

 標津サーモン科学館とアクアマリン福島は8日、標津沖の定置網で捕獲されたアオウミガメを福島県の海岸で放流した。 サーモン科学館の市村政樹館長は「アオウミガメは南方に生息しているカメ。標津で網に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク