全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

イタドリの花でお茶

試作のお茶を作るため、イタドリの花を収穫する県林業試験場職員(上富田町生馬で)

 紀南の道路沿いや草むらで山菜のイタドリ(通称ゴンパチ)が白い花を咲かせている。花には健康維持や病気予防などに効果があるとされる機能性成分が他の部位より多く含まれ、県林業試験場(和歌山県上富田町)ではお茶として活用することを検討しており、試作品を作るため、花を収穫している。

 イタドリは8月下旬から10月上旬ごろに2、3ミリほどの小さな花を枝先や葉の脇に多数つける。若い株ほど早く花を咲かせる傾向があるという。和名は根茎を民間薬として関節炎などに使うため「痛みを取る」から転じたといわれている。
 近年、県工業技術センター(和歌山市)との研究で、これまで利用されなかった花や皮、葉などにポリフェノールやクエン酸などの機能性成分が多く含まれていることが分かった。特にポリフェノール成分は花に多く含まれている。
 林業試験場と工業技術センターは日高川町生活研究グループイタドリ部会と共同研究で現在、お茶の試作品作りに取り組んでいる。機能性の多い部位を用い、加工方法やブレンド割合などを検討し、商品化を目指す。
 本年度中に加工や調理に関するマニュアルを作成する予定で、林業試験場の坂口和昭特用林産部長は「イタドリは高齢者でも取り組める栽培種。県内の年間消費量を現在の3倍の30トンを目標に研究している。そのためにもさまざまな可能性を探りたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク