全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

忠類ナウマンゾウ化石 半世紀ぶり故郷へ 幕別

発掘以来半世紀ぶりに忠類に戻ったナウマンゾウの化石骨

 お帰りなさい、ナウマンゾウ-。10月5日から忠類ナウマン象記念館で開幕する特別展「忠類で発見された化石たち~忠類ナウマンゾウ化石の里帰り」を前に、全47個の化石骨が27日、半世紀ぶりに忠類に戻った。全ての化石骨が十勝で展示されるのは発掘以来初めて。

 忠類ナウマンゾウ化石発見50周年記念事業の一環。1969年に忠類で発見されたほぼ一頭分の化石骨は北海道博物館(札幌)の収蔵庫に保管されている。

 この日は午後4時ごろ、化石骨を載せたトラックが到着し、1メートル四方の木箱が次々と展示室に運び込まれた。専門業者に加え、町職員も職員研修の一環として作業を手伝った。

 職員は「右尺骨」「左寛骨」などと記された木箱や2メートル以上の牙が収められた段ボールを慎重に開けて中身を確認し、太古の化石との対面に歓声を上げた。町教委の鎌田浩主幹は「ナウマンゾウの化石骨は北海道博物館でもなかなか本物を見る機会はない」と感慨深げに話していた。

 特別展では北広島市エコミュージアムセンターが所蔵する北広島マンモスの親子の実物大模型も展示する。開期は11月4日まで。入館料は一般300円、小中学生200円。

関連記事

「鬼滅」の聖地 「無限列車」の撮影スポット 狩勝高原

 狩勝高原園地(新得町、狩勝峠3合目)に、大人気漫画「鬼滅の刃」にちなんだ撮影スポットが誕生した。既存の列車を、作品の舞台の一つ「無限列車」に見立てた。新型コロナウイルスの影響で観光客が激減する中...

宇部日報社

高泊小で伝統の梅もぎ

 山陽小野田市の高泊小(小戸毅校長、229人)で3日、恒例の梅もぎが行われた。全校児童が校舎裏に植えらているウメの木20本から約160㌔を収穫した。大粒の青い実を1袋ずつ家に持ち帰った。    ...

西表 BBQバーガー無料配布 アソビハックがプレオープンで

 【西表】島内でグランピングBBQ出張サービスを予定するASOBIHACK(アソビハック・上地健太郎代表)は5月31日、プレオープンを記念して、うなりざき公園で100人分のBBQバーガーを無料配布した。 ...

長野日報社

商店街彩るバラ見頃 伊那市の中心市街地

 伊那市の中心市街地で地域の人たちが育てているバラが見頃を迎えた。西町、荒井、坂下、山寺の各商店街の沿道には赤や白、黄、ピンクなど色とりどりの花が咲き競い、買い物客らの目を楽しませている。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク