全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

忠類ナウマンゾウ化石 半世紀ぶり故郷へ 幕別

発掘以来半世紀ぶりに忠類に戻ったナウマンゾウの化石骨

 お帰りなさい、ナウマンゾウ-。10月5日から忠類ナウマン象記念館で開幕する特別展「忠類で発見された化石たち~忠類ナウマンゾウ化石の里帰り」を前に、全47個の化石骨が27日、半世紀ぶりに忠類に戻った。全ての化石骨が十勝で展示されるのは発掘以来初めて。

 忠類ナウマンゾウ化石発見50周年記念事業の一環。1969年に忠類で発見されたほぼ一頭分の化石骨は北海道博物館(札幌)の収蔵庫に保管されている。

 この日は午後4時ごろ、化石骨を載せたトラックが到着し、1メートル四方の木箱が次々と展示室に運び込まれた。専門業者に加え、町職員も職員研修の一環として作業を手伝った。

 職員は「右尺骨」「左寛骨」などと記された木箱や2メートル以上の牙が収められた段ボールを慎重に開けて中身を確認し、太古の化石との対面に歓声を上げた。町教委の鎌田浩主幹は「ナウマンゾウの化石骨は北海道博物館でもなかなか本物を見る機会はない」と感慨深げに話していた。

 特別展では北広島市エコミュージアムセンターが所蔵する北広島マンモスの親子の実物大模型も展示する。開期は11月4日まで。入館料は一般300円、小中学生200円。

関連記事

荘内日報社

庄内産小麦のブランド化へ 地産・地消推進狙いに勉強会

 庄内産小麦に関する勉強会が11日、酒田市のマリーン5清水屋で開かれ、庄内地方のラーメン店主や製菓、製パン業者らが、山形大農学部(鶴岡市)が庄内で進める小麦の試験栽培に関する報告やラーメンの試食などを...

道東の魅力伝えたい 社団法人「ドット道東」設立

 道東を中心に活動するクリエーターが集まる一般社団法人「ドット道東」が、道東の魅力的な暮らしぶりや取り組みを紹介するガイドブックの制作に取り組んでいる。資金はクラウドファンディング(CF)で募って...

宇部日報社

新天町名店街にライオン! 木村さんがアートで商店街を盛り上げ【宇部】

 「ガオーッ!」。店舗を仕切る塀に描かれたライオンは、今にも飛びかかってきそうなほどリアル。宇部新天町名店街には先月初旬から動物の壁絵が次々と出現し、店主や通行人を驚かせている。  壁絵は青...

釧路新聞社

捕獲されたアオウミガメ放流【標津】

 標津サーモン科学館とアクアマリン福島は8日、標津沖の定置網で捕獲されたアオウミガメを福島県の海岸で放流した。 サーモン科学館の市村政樹館長は「アオウミガメは南方に生息しているカメ。標津で網に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク