全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

東南アジア産カカオ豆を調達使用 現地支援のチョコ作り

フィリピンなどの農園から仕入れたカカオ豆でチョコレート作りをする清水さん。現地の支援につなげたいという=伊那市上牧

 伊那市上牧の洋菓子店「菓匠Shimizu」社長の清水慎一さん(44)が、フィリピンの農園やインドネシアの組合などから仕入れたカカオ豆を焙煎して、本格的なチョコレートを作っている。15年ほど前にカカオ生産国の貧困の問題や児童労働の実態を知ったことがきっかけ。「カカオが香る純粋なチョコレートを伊那の地で広げ、現地の支援につなげたい」と新たな挑戦に乗り出した。10月26日から販売する予定だ。

 カカオ豆の選定からチョコ作りまでを一貫して行う製造手法「ビーントゥバー」が国内でじわりと広がる中、「自分は一歩先の『ファームトゥバー』にこだわりたい」と清水さん。たびたび東南アジアを訪れてカカオ豆を調達する農園を選定した。正当な価格で取り引きしたフェアトレードチョコで支援につなげる。

 今年4月に焙煎機など機器一式がそろった。焙煎と粉砕を経て実と皮を分け、ペースト状に。石臼に似た機械を3日間回し続けてなめらかさを出し、型に流し込んで一晩寝かせる。完成まで約1週間掛かるという。

 産地によって豆の硬さや形が異なり、それぞれに合った焙煎を研究。唯一加えるグラニュー糖の量を微妙に変えながら試作を重ねた。カカオ分は70%。価格は50グラムで1000円弱を予定し、高価な板チョコにはなるが「カカオ特有の香りと鼻に抜ける酸味が感じられる」と仕上がりに自信を見せる。

 観光のかじ取り役を担う長野伊那谷観光局の部会長を務めるほか、子どもたちに自分の夢の絵を描いてもらい、その絵を基にケーキを作る「夢ケーキ」プロジェクトを進める清水さん。「上伊那産のアワやトウガラシ、アマランサスを使ったチョコも開発したい」と意気込み、「原料や生産国に理解を深め、豆からチョコを作る子ども向けワークショップも開ければ」と夢を膨らませている。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク