全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「刀剣乱舞」とコラボ企画 若い女性中心ににぎわう

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠久館長)で26日、「出羽国庄内藩主 酒井家名宝」展が始まった。酒井家に伝わる国宝の太刀や重要文化財の書、甲冑(かっちゅう)など約60点を展示。刀を擬人化したオンラインゲーム「刀剣乱舞(とうけんらんぶ)―ONLINE―」とのコラボレーション企画も行われ、若い女性を中心に初日は200人を超える来場者でにぎわった。

 徳川四天王筆頭・酒井忠次が徳川家康から武功の証しとして拝領した「太刀 銘 信房作」や刀剣を収める拵(こしらえ)「金梨子地葵紋散糸巻太刀拵(きんなしじあおいもんちらしいとまきたちこしらえ)」をはじめとする、同館所蔵の国宝を4点展示。同じく同館所蔵の重要文化財「短刀 銘 吉光(名物信濃藤四郎)」は「刀剣乱舞」で信濃藤四郎の名でキャラクター化されている短刀で、劣化が少なくうぶな状態に近いとされ名刀の呼び声が高い。この拵「黒漆塗合口拵(くろうるしぬりあいぐちこしらえ)」が長年行方不明の末に昨年発見、初公開で注目を浴びている。

 庄内藩初代藩主・忠勝が「一字千金」で買い取った逸話が残る重要文化財の書「禅院額字 潮音堂(ぜんいんがくじちょうおんどう)」ほか、酒井家が譲り渡した黒川能上座・下座所蔵の能面などの展示品も並ぶ。初日を迎え、同館の菅原義勝学芸員は「地元の人にも酒井家や庄内藩の誇れる歴史を見直すきっかけとして、見に来てもらいたい」と話す。

 同館では刀剣乱舞のコラボレーションとして、キャラクターパネル展示や来場者へオリジナルカードのプレゼント、お菓子やクリアファイルといったオリジナルグッズの販売もしている。

 展示会期中は、▽酒井忠久館長講話(29日午後2時から)▽記念講演会「松平家忠日記」にみる酒井忠次(10月5日午後2時から)▽「刀剣乱舞―ONLINE―」コラボ記念イベント(10月13、14の両日)―もある。講話、記念講演会は事前申し込みが必要。問い合わせは同館=電0235(22)1199=へ。展示は11月4日まで。

ずらりと並ぶ重要文化財に見入る来場者

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク