全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

小さな谷の名前を残したい 住民が看板設置

谷に設置された看板(田辺市龍神村宮代で)

 和歌山県田辺市龍神村の上宮代区では、住民らが地域にある地図に載っていないような小さな谷を再確認して次世代に継承しようと、名称を記した看板を設置している。

 発案したのは地元の農林業、松場英さん(62)。谷の名称を知っている住民が年々少なくなっており、後世に伝えるだけでなく、災害の発生や行方不明者の捜索などの非常時には目印になると考えたという。
 大きな谷は地図に載っていて、住民も知っている場合が多いが、上宮代区には小さい谷が数多くある。普段から少量ながら水が流れている谷もあるが、雨が降った時にだけ水が流れる谷もある。
 名称が分からない谷は、古老を訪ねて聞き取って調べ、地元の浦長男さん(82)に依頼して谷の名称を筆でスギの板に書いてもらった。区内の20カ所以上に看板を取り付けたという。
 松場さんは自然や地理に詳しく、地元文化の掘り起こしや伝承に取り組んでおり「次は谷の名を地元の地図に書き込み、地区民に配って活用してもらうようにしたいと思っている」と話している。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク