全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「縄文の町」をPR 富士見にイベント委発足

町の公園「ゆめひろば富士見」に縄文文化をPRするのぼり旗を立てる関係者

 富士見町商工会が、住民有志や商店街関係者、町井戸尻考古館職員らと「縄文イベント委員会」を発足させ、町で栄えた縄文文化を活用した地域おこしに取り組んでいる。各種イベントを開催するなどし、「縄文の町」をPRする。第1弾として28日に子ども向けの縄文料理体験「こども縄文レストラン」を井戸尻史跡公園で開く。

 同商工会は昨年度、八ケ岳山麓の縄文文化が日本遺産に認定されたのを受けて、縄文人などに扮して商店街をパレードする「縄文ハロウィン」や、子どもたちが縄文文化を学ぶイベントを開催。今年度はさらにイベントの数や内容を充実させ、町の縄文文化を町内外に発信しようと同委員会を発足させた。県地域発元気づくり支援金を活用して取り組む。

 委員会は約50人で構成。縄文レストランでは火おこしやかまど作り、縄文土器のレプリカを使ったかゆ作りなどを体験する。

 10月12日には、JR富士見駅前商店街を歩行者天国にして縄文ハロウィンを開く。子どもから大人まで幅広くイベントの企画段階から参加してもらうようにし、同ハロウィンで行うスタンプラリーでは富士見小学校4年生のアイデアを生かす。縄文人が食べたと言われる栗、クルミを使った菓子や料理のレシピを一般公募したコンテストの表彰式も同ハロウィンで行う。同10日午後5時からは同ハロウィンに向けてカボチャランタンや縄文をイメージした面作りも商工会館で行う。

 一方、「縄文フード」として、町内の飲食店など16店の栗とクルミを使ったオリジナルメニューも町内外にPRしている。「あの頃『首都』はココだった」「きてるぞ井戸尻」といった3種類ののぼり旗600本も製作し町内の公共施設などに立てた。

 同商工会の担当者は「子どもたちに縄文文化を知って誇りに思ってもらい、町への愛着を持つきっかけにしてもらえたら。縄文を町のコンセプトの一つとして観光客も呼び込みたい」とし、来年度以降も取り組む考え。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク