全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

道の駅とよはしで外国人がおにぎり作り挑戦

 豊橋市東七根町の道の駅とよはしで26日、市内在住の外国人が大葉やウズラ卵など地元食材を入れたおにぎり作りに挑戦し、絶妙な力加減でご飯を三角形に握っていった。  地元食材の魅力やおいしさを直接伝え、味わってもらおうと、同市は毎月、道の駅内の施設「Tomate(トマッテ)」のキッチンで調理の実演を行っている。今回もその一環で、外国人にも気軽に道の駅に立ち寄ってもらい、インバウンド(訪日外国人観光客)の誘客を進めるための試みとして企画。事前に応募があった韓国、フィリピン、アメリカなど5カ国9人が参加した。  米は豊橋生まれの米「女神のほほえみ」、具材は「はまなっとう×青じそ生ふりかけ」(國松本店)「うずらたま5くん」(豊橋養鶉農協)「名古屋コーチンスモークモモ」(Moriウィンナー)の三つ。すべて道の駅のコンセプトショップ「temiyo(テミヨ)」で購入が可能な食材を用意した。  講師は、下地町にあるスーパーマーケット「一期家一笑」の杉浦大西洋店長(38)。「中は柔らかく、外はしっかり」という握り方のアドバイスをもとに挑んだ。9人は、両手の力を絶妙に調整しながら、形が丸くなったり、具材が片側に寄ったりと四苦八苦しつつ、ご飯を握った。最後に海苔を巻き、完成したおにぎりをおいしそうにほお張った。具材はうずら卵が人気で、大葉の味も好評だった。

 大きな体で小さなおにぎりを作る姿が愛らしかった来日3カ月の豊橋技術科学大学の留学生マルティン・フィベラさん(26)=メキシコ=は、「三角形に握るのはとても難しかったが、楽しかった。メキシコにいる家族や友人たちに作ってあげたい」と話した。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク