全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

遺族会が追悼式 忘勿石之碑で初めて 八重山戦争マラリア

焼香する佐久川勲会長=25日午前、忘勿石之碑

碑の近くにはこの事実を忘れまいと「忘勿石 ハテルマ シキナ」の文字が刻まれている=25日午前、南風見田海岸

 【西表】八重山戦争マラリア遺族会(佐久川勲会長)は25日、西表島南風見田海岸の忘勿石之碑で初めて追悼式を行い、参列者が献花や黙とう、鎮魂歌で犠牲者を悼み恒久平和を願った。追悼式後は、古見小学校で平和学習を行った。

 戦後74年を経過した今もマラリアで家族を亡くした体験が心に刻まれているという佐久川会長(79)は献花後、犠牲になった児童らの名前が刻銘されている碑を前に「たくさんの児童が亡くなった悲劇を忘れない。教え子を亡くした識名信升校長の思いを語り継いだ故・平田一雄会長に厚く御礼申し上げたい」と述べ「ここに立つと犠牲者の声が聞こえてくる。いつまでも平和の花を咲かす活動をしていきたい」と声を詰まらせた。

 東宇里永清副会長、田本徹顧問、唐眞盛充事務局長も焼香し御霊を慰めた。

 同会は5年ほど前から追悼式を計画していたが、天候や日程の都合が合わず見合わせていた。

 第2次世界大戦末期、軍命で波照間島の子どもたちはマラリアがまん延する西表島に強制疎開させられた。南風見田には1590人が移動させられ、わずか4カ月で児童を含む85人が犠牲になった。同碑のすぐ近くにある岩には識名校長が刻んだ「忘勿石 ハテルマ シキナ」の文字が残っている。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク