全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

遺族会が追悼式 忘勿石之碑で初めて 八重山戦争マラリア

焼香する佐久川勲会長=25日午前、忘勿石之碑

碑の近くにはこの事実を忘れまいと「忘勿石 ハテルマ シキナ」の文字が刻まれている=25日午前、南風見田海岸

 【西表】八重山戦争マラリア遺族会(佐久川勲会長)は25日、西表島南風見田海岸の忘勿石之碑で初めて追悼式を行い、参列者が献花や黙とう、鎮魂歌で犠牲者を悼み恒久平和を願った。追悼式後は、古見小学校で平和学習を行った。

 戦後74年を経過した今もマラリアで家族を亡くした体験が心に刻まれているという佐久川会長(79)は献花後、犠牲になった児童らの名前が刻銘されている碑を前に「たくさんの児童が亡くなった悲劇を忘れない。教え子を亡くした識名信升校長の思いを語り継いだ故・平田一雄会長に厚く御礼申し上げたい」と述べ「ここに立つと犠牲者の声が聞こえてくる。いつまでも平和の花を咲かす活動をしていきたい」と声を詰まらせた。

 東宇里永清副会長、田本徹顧問、唐眞盛充事務局長も焼香し御霊を慰めた。

 同会は5年ほど前から追悼式を計画していたが、天候や日程の都合が合わず見合わせていた。

 第2次世界大戦末期、軍命で波照間島の子どもたちはマラリアがまん延する西表島に強制疎開させられた。南風見田には1590人が移動させられ、わずか4カ月で児童を含む85人が犠牲になった。同碑のすぐ近くにある岩には識名校長が刻んだ「忘勿石 ハテルマ シキナ」の文字が残っている。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク