全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

オオルリの幼鳥観察 姿、鳴き声ともに美しく 与那国島宇良部岳付近で

渡りの途中、与那国島を訪れたオオルリの幼鳥=19日午後

 【与那国】オオルリの幼鳥1羽が19日午後、与那国島宇良部岳付近で観察された。強い北風が吹く中、風裏にあたる山の南側の林道で、餌となる小さな虫を捕まえ、長旅の疲れを癒やしていた。

 オオルリは、南西諸島を除く北海道から九州までに繁殖のため夏鳥として訪れ、冬季はインドネシア半島やフィリピンなどで越冬する。

 全長約16㌢で雄は、頭から背、尾まで光沢のある青で、尾の付け根の左右に白斑がある。喉、顔は黒で腹は白い。雌は頭から尾にかけて背面が茶褐色で、喉と腹は白くオスに比べると地味な印象だ。雄が美しい色彩になるには2~3年を要すると考えられている。

 コルリ、ルリビタキなどとともに青い鳥御三家と呼ばれたり、ウグイスやコマドリとともに日本三鳴鳥と呼ばれるなど姿、鳴き声ともに美しい。

関連記事

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク