全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

ナミビアを応援する上富田町民ら(上富田町の上富田文化会館で)

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合はイタリア代表に22―47で敗れたが、会場にはラグビー関係者ら約200人が訪れ、エールを送り続けた。
 ナミビア代表は上富田町で14~20日、事前合宿を実施。歓迎式で町民と交流したり、近畿の大学や社会人と非公式の合同練習をしたりして、大会に臨んだ。
 イタリア代表との初戦は、大阪府東大阪市の花園ラグビー場であった。地上波テレビの放送がないため、町が大型スクリーンに試合のライブ放送を映し出すPVを実施した。
 PV会場では試合前、ナミビア代表カラーの青色のTシャツを着た熊野高校ラグビー部の瀬越正敬監督と部員で2年生の矢野桂大君がナミビア代表のチームや試合の見どころを紹介。応援団長を務めた2年生の白木智隆君が「フレーフレーナミビア」と来場者に応援を促した。
 ナミビアは試合開始直後にトライを決めて先制。しかしその後はイタリアに追い付かれ逆転された。7―21でスタートした後半も苦しい展開だったが、終了間際に3トライ目を決めて意地を見せた。
 試合後、来場者を前に熊高ラグビー部主将の谷本瑠佳君(3年)は「残念ながら負けたが、いい試合内容で感動した。今後も引き続きナミビアの応援をよろしくお願いします」とあいさつした。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク