全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を手に取り香りや感触を確かめていた。

摘んで乾燥させたシナノキの花に触れる園児たち

 地元の地域資源と伝統文化を幼少期の貴重な体験として経験してもらおうと、関川に関わる若者でつくる企業組合法人「羽越のデザイン企業組合」(冨樫繁朋代表理事)が企画した。

 園児たちは昨年秋に関川のしな織センターを訪れ、今年4月にはシナノキの栽培地を見学するなど、事前学習を行ってきた。この日は園児12人と園長らが参加。乾燥させたシナノキの花を手でほぐし、熱湯を注ぎ搾り出した淡黄色の液をせっけんの素地と練り合わせ、手で形を整えていく行程をグループに分かれて行った。園児は「上手になーれ」とおまじないをかけながら練り合わせ、ハートやアヒル、串に刺した団子など、思い思いの形にしていった。

 冨樫代表理事は「作ってそれで終わりではなく、園児たちがせっけんを家庭に持ち帰り、どんなことをしてきたのか、関川のことを話すきっかけにつながれば」と話した。関川では2016年に自治会や住民、市などと連携して「しなの花活用プロジェクト研究会」を組織。乾燥させたシナノキの花から蒸留して得た抽出成分を基に抗酸化成分を豊富に含むせっけんと化粧水を開発し、同組合が販売を担っている。      

関連記事

長野日報社

色づく白樺湖一帯の木々 紅葉始まる

 茅野市郊外の白樺湖一帯で紅葉が始まった。市街地から延びる大門街道沿いの木々も、標高が上がるにつれてオレンジ、黄、赤が増え、観光客やドライバーの目を楽しませている。  白樺湖観光センター(両...

陛下ご即位記念植樹

 豊橋建国記念の日奉祝運営委員会(天野明彦・代表運営委員)は22日、天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせ、豊橋公園で記念植樹を行った。  1965年設立の同会は、これまでも5年ごとに陛下在位を記念...

荘内日報社

ビーガン料理世界大会 渡部さん(酒田市出身)準優勝

 ビーガン料理の世界大会「The Vegetarian Chance2019」が13日にイタリアで開催された。 世界各国から約200人の応募があり、1次選考で残った8人による決戦が行われ、酒田市出身の渡部駿さ...

紀伊民報社

淡く光る毒キノコ 「ツキヨタケ」

 シイタケに似た毒キノコ「ツキヨタケ」が、和歌山県田辺市龍神村の護摩壇山で淡い光を放っている。森林公園総合案内所によると、例年より発生が遅いという。  ツキヨタケは8~10月に生えやすい。大き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク