全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を手に取り香りや感触を確かめていた。

摘んで乾燥させたシナノキの花に触れる園児たち

 地元の地域資源と伝統文化を幼少期の貴重な体験として経験してもらおうと、関川に関わる若者でつくる企業組合法人「羽越のデザイン企業組合」(冨樫繁朋代表理事)が企画した。

 園児たちは昨年秋に関川のしな織センターを訪れ、今年4月にはシナノキの栽培地を見学するなど、事前学習を行ってきた。この日は園児12人と園長らが参加。乾燥させたシナノキの花を手でほぐし、熱湯を注ぎ搾り出した淡黄色の液をせっけんの素地と練り合わせ、手で形を整えていく行程をグループに分かれて行った。園児は「上手になーれ」とおまじないをかけながら練り合わせ、ハートやアヒル、串に刺した団子など、思い思いの形にしていった。

 冨樫代表理事は「作ってそれで終わりではなく、園児たちがせっけんを家庭に持ち帰り、どんなことをしてきたのか、関川のことを話すきっかけにつながれば」と話した。関川では2016年に自治会や住民、市などと連携して「しなの花活用プロジェクト研究会」を組織。乾燥させたシナノキの花から蒸留して得た抽出成分を基に抗酸化成分を豊富に含むせっけんと化粧水を開発し、同組合が販売を担っている。      

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク