全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を手に取り香りや感触を確かめていた。

摘んで乾燥させたシナノキの花に触れる園児たち

 地元の地域資源と伝統文化を幼少期の貴重な体験として経験してもらおうと、関川に関わる若者でつくる企業組合法人「羽越のデザイン企業組合」(冨樫繁朋代表理事)が企画した。

 園児たちは昨年秋に関川のしな織センターを訪れ、今年4月にはシナノキの栽培地を見学するなど、事前学習を行ってきた。この日は園児12人と園長らが参加。乾燥させたシナノキの花を手でほぐし、熱湯を注ぎ搾り出した淡黄色の液をせっけんの素地と練り合わせ、手で形を整えていく行程をグループに分かれて行った。園児は「上手になーれ」とおまじないをかけながら練り合わせ、ハートやアヒル、串に刺した団子など、思い思いの形にしていった。

 冨樫代表理事は「作ってそれで終わりではなく、園児たちがせっけんを家庭に持ち帰り、どんなことをしてきたのか、関川のことを話すきっかけにつながれば」と話した。関川では2016年に自治会や住民、市などと連携して「しなの花活用プロジェクト研究会」を組織。乾燥させたシナノキの花から蒸留して得た抽出成分を基に抗酸化成分を豊富に含むせっけんと化粧水を開発し、同組合が販売を担っている。      

関連記事

宇部日報社

高泊小で伝統の梅もぎ

 山陽小野田市の高泊小(小戸毅校長、229人)で3日、恒例の梅もぎが行われた。全校児童が校舎裏に植えらているウメの木20本から約160㌔を収穫した。大粒の青い実を1袋ずつ家に持ち帰った。    ...

西表 BBQバーガー無料配布 アソビハックがプレオープンで

 【西表】島内でグランピングBBQ出張サービスを予定するASOBIHACK(アソビハック・上地健太郎代表)は5月31日、プレオープンを記念して、うなりざき公園で100人分のBBQバーガーを無料配布した。 ...

長野日報社

商店街彩るバラ見頃 伊那市の中心市街地

 伊那市の中心市街地で地域の人たちが育てているバラが見頃を迎えた。西町、荒井、坂下、山寺の各商店街の沿道には赤や白、黄、ピンクなど色とりどりの花が咲き競い、買い物客らの目を楽しませている。 ...

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク